明日の暮らしをもっと便利にするために役立つ情報をお届けします。

電動歯ブラシに歯磨き粉は必要なのか?正しく選びましょう!

電動歯ブラシと一口で言っても、色んな種類があるんですね。

正直よくわからないですが、皆さんが想像しやすいのは、振動タイプの物じゃないでしょうか。

振動タイプは次の2種類に分けられます。

ブラシが回転したり振動する「電動歯ブラシ」または「振動歯ブラシ」音波並みの高速でブラシが振動する「音波歯ブラシ」これらをピックアップしてみてみましょうか。

スポンサーリンク

電動歯ブラシ、音波歯ブラシのメリットとデメリット

「電動歯ブラシ」や「音波歯ブラシ」のような振動タイプのメリットは、自分でブラシを細かく動かして磨かなくていいことと、短い時間で歯の表面がつるつるになるということです。

特に「音波歯ブラシ」は、汚れを取り除く能力が高く、ブラシが直接触れていなくても、ブラシの周囲2㎜程なら汚れを取り除くそうです。

デメリットとしては、使い慣れないと、ブラシの振動によって頭痛がしたり気分が悪くなることです。

また、ブラシを押し付けすぎると、歯がすり減ったり、歯茎を傷めたりします。

歯茎が下がって歯周病や知覚過敏の原因になることもあります。

振動がうるさいのもデメリットにはいるかもしれません。

電動歯ブラシで使う歯磨き粉について

歯磨き粉の成分には、歯を強くするフッ素や、歯茎に良い薬用成分が入っているものが多いので、使った方がいいようです。

ただし、選ぶときには注意が必要です。

発泡剤が含まれておらず、研磨剤ができるだけ含まれていないものがいいです。

発泡剤とは、歯磨き粉を使ってして磨いた時に泡となる成分です。

振動数が多い電動歯ブラシで使うと、すぐに口の中が泡だらけになってとても磨きにくくなります。

研磨剤は、歯の着色汚れを落とすためのものですが、その名の通り、削り落とすものです。

ですので、振動数の多い電動歯ブラシでは、歯の表面を傷つけてしまうことになり、逆に汚れが付きやすくなってしまいます。

無難なのは、電動歯ブラシ用の歯磨き粉を使うことだと思います。

ブラシに米粒大程度の量の歯磨き粉をつけ、ブラシを口の中に入れてから電源を入れてください。

そうしないと、歯磨き粉が飛び散ってしまいますよ。

スポンサーリンク

電動歯ブラシの正しい磨き方は?

電動歯ブラシは、ぶれないようにしっかりと持ちましょう。

本体の真ん中あたりを持つといいようです。

いきなり歯にあてるのではなく、少し離したところから近づけていき、滑走させるように、ゆっくりと優しく羽が触れるような感覚で軽く当てましょう。

ブラシをあてる角度は、歯と歯茎の間には45度、歯の噛み合わせ部分は直角、前歯の裏側は縦となります。

爪楊枝を使う時の角度が大体45度だそうなので、ブラシの毛1本1本が爪楊枝だというイメージをしてみてください。

手で磨くときみたいに、ごしごしと自分で磨こうとしないでください。

軽く当てたままできるだけゆっくりとスライドさせましょう。

イメージとしては、歯1本にあてては隣の歯へスライドしてあてる感じです。

1か所にあてる時間は2秒ほどを目安にするといいようです。

おわりに

電動歯ブラシは、確かに短時間で綺麗に磨くことができますが、自分の手で時間をかけて丁寧に磨くのも、良いと思いますよ。

綺麗にしてるっていう実感が持てますしね。

電動歯ブラシを過信するべからず、ですよ!

スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめサイト

海外旅行のヒント
海外旅行に役立つ情報をお届けします。
転職のススメ
転職に役立つ情報をお届けします。