明日の暮らしをもっと便利にするために役立つ情報をお届けします。

7歳のクリスマスプレゼントに本をあげるならおすすめは?

大人も子供も楽しいクリスマス。

特に、子供達にとっては年に一度サンタクロースがやってくる特別な日ですね!

見慣れた街もイルミネーションで飾られて、気分があがりますよね。

さて、肝心なのはクリスマスプレゼント。

皆さん、どんな方に何を贈られる予定でしょうか?

今回は、「7歳の子供に贈るクリスマスプレゼント」について考えてみましょう。

スポンサーリンク

7歳のプレゼントにおすすめの本

小学校1年生に値する7歳という年齢は、脳を鍛えるのに良いタイミングだと聞いたことがあります。3歳、7歳、10歳で決まる!などと記載されている本もありますよね。

子供が欲しいと思うオモチャはサンタクロースにおまかせし、皆さんは「本」を贈ってみませんか?

著者が調べた中で、オススメの本をご紹介していきます。

 

世界傑作童話シリーズから「エルマーのぼうけん」という本です。

動物島に捕らえられているりゅうの子を助けるため、エルマーは冒険の旅に出かけます。子供の冒険心をくすぐる、ワクワクドキドキが連続の幼年童話。

121pという少し長めの本ですが、大人が手伝いながら、読み進めていくといいと思います。

 

NHK Eテレで大人気のクレイアニメ「ひつじのショーン」。

細かくカラフルに描かれたかわいいイラストの中から、たった一匹の「ショーン」を探すという内容。

イラストの中には、ひつじがいっぱいなので、上手に特徴を見極めて探す必要があります。思わぬところに隠れていたりと、ワクワクドキドキ。

文字が苦手なお子様にも、オススメです。

 

さつまあげのおとうさん、たまごのおかあさん、むすこのばくだんくん、とおなじみのおでんの種が登場。登場人物と場面設定のユニークさがとてもクセになりそうです。

ダジャレがきいてリズム感たっぷりの文章なので、子供たちが飽きずに楽しんで読めそうですね。

おでんたちの絵に笑い、心も体も温められる優しい本です。

 

お金持ちの家から色々なものを奪うことで有名なブラックシャドーだんが、ついにおしりたんていの住む町になってきます。

ワンコロ警察署の依頼をうけ、おしりたんていがキレキレの推理で立ち向かう。

迷路あり、絵さがしあり、楽しめるポイントは無限。

小学校低学年向けの読み物シリーズ第三弾です。

スポンサーリンク

おわりに

文章を読んで楽しめるもの、絵をみて楽しめるもの、考えて楽しめるもの・・・その本の特徴を調べ、贈り物に選ぶのがいいと思います。

何冊かセットにするのもいいですよね。

 

余談です。

昔、著者はピーターラビットの小さい本を頂きました。

3冊セットになっていたと思います、とても嬉しく今でも覚えていますね。

当時サンタクロースからもらったおもちゃは忘れてしまったけれど、本などは記憶に残っているものが多いです。海外の童話シリーズもいいですが、日本昔話なども是非贈っていただければと思います。

スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめサイト

海外旅行のヒント
海外旅行に役立つ情報をお届けします。
転職のススメ
転職に役立つ情報をお届けします。