明日の暮らしをもっと便利にするために役立つ情報をお届けします。

韓国の大学入学試験はなぜ盛り上がる?白バイで受験生が現れる理由は?

今朝ニュースを見ていると、韓国の大学入学試験の様子が生中継されていました。

日本でいうセンター試験にあたるこの試験、韓国では国全体で受験生を応援しています。

なぜここまで盛り上がるのか、その理由が解説されていました。

スポンサーリンク

大学入試に人生がかかっている

韓国の大学入試は人生がかかっていると言っても過言ではありません。

もちろん日本の入試も人生がかかっているといえばかかっていますが、韓国はその比ではありません。

ここで失敗したら人生終わり。

そんな空気なのです。

もしこの試験に失敗すると、定員割れをおこすような中堅以下の大学に入ることになります。

韓国は大学で就職の良し悪しが決まるため、その後の人生に影響を与えるのです。

そのため、何が何でもいい大学に!と意気込む人が多いのです。

白バイで受験生が現れる理由

毎年、韓国の大学入試のときに白バイで現れる受験生が話題になります。

韓国の入場制限はとても厳しく、時間になると一切入らせてもらえません。

そのため、遅刻しそうな場合はとにかく急いで行く必要があるのですが、白バイまで登場するってすごいですよね。

実は、韓国では受験生のもとに受験票が届くのが、試験の前日で、その受験票に試験会場がかかれているんです。

つまり、受験生は前日まで会場がわかりません。

これって精神衛生上よくないですよね。

日本では前日に会場の下見をするくらい慎重なのですが、韓国は違うようです。

なぜ受験票が前日に届くのかというと、過去の大学入試のときにカンニングが多く発生したようで、その対策のために前日に送るようになったそうです。

そんな理由からなのか、韓国では受験生を国を挙げて応援しています。

大学入試の日は、小学校、中学校、高校はお休み、官公庁や企業は道路の渋滞をさけるため出勤時間を1時間遅らせています。

そして、遅れそうな受験生は白バイで送ってあげる。

すごいですよね。

試験会場の前では後輩たちが幕を持って応援。

報道陣のカメラも異常なくらい多かったです。

それぐらい韓国にとって大学入試というのは大切なものなんですね。

スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめサイト

海外旅行のヒント
海外旅行に役立つ情報をお届けします。
転職のススメ
転職に役立つ情報をお届けします。