今日の知識が明日を輝かせる

明日の暮らしをもっと便利にするために役立つ情報をお届けします。

生活

スノーシューズ【レディース】コロンビアでおすすめは?

投稿日:

アメリカで生まれたコロンビアというブランド。

靴や洋服、バックなどの小物まで幅広く手がけているスポーツウェアカンパニーです。みなさん一度は目にしたことがあるのではないでしょうか?

コロンビアの会長は女性でアウトドア界の発明家とも呼ばれています。

コロンビア製品のカタログや製品タグにまで出てくる女性なのですが、これにはとても素敵な理由があるんですね。

「コロンビアの製品とあなたを、私は見守りますよ」というメッセージと共に品質の証としているそうです。

そんなコロンビアが手がける、スノーシューズ。

これからの季節、私たちの足元を守ってくれる強い味方になるはずです。

著者のオススメをいくつかご紹介します。

スポンサーリンク

レディースに人気のコロンビアのスノーシューズ

コロンビア スピンリールミッドアドバンス ウォータープルーフ オムニヒート

スピンリールミッドアドバンスウォータープルーフオムニヒートというこちらのシューズは、その名の通り高い保温性と防水性を兼ね備えています。

ウォータープルーフ素材を使用した上、主要結合部分の縫い目にシームシールという加工を施し優れた防水機能を確立。

さらに、靴内部はコロンビア独自のオムニヒートと呼ばれる熱反射保温テクノロジー中綿で保温性をキープしています。

靴底部分は、凍った路面でも高いグリップを発揮するビブラム社のアイストレックを採用。雨や雪でも快適です。カラーは3色。

 

コロンビア Columbia 919 ウィンターレース WP OH

ウインターレースです。

ウォータープルーフが施されたレザーと、ウールのコンビネーションがオシャレ。

日常使いに活躍する軽量タイプのシューズですね。

内側にはオムニヒートを利用、より暖かく蒸れにくく快適な履き心地です。

クッション性も高く、滑りにくいので不安定になりがちな歩行をサポートしてくれます。バイカラーの3色展開ですが、そのうちのキャメルだけは内側がボアになっています。

 

コロンビア Women’s Minx Slip II Omni-Heat ウィメンズミンクススリップIIオムニヒート オムニヒート

ミンクス スリップII オムニヒート。

旅行やタウンの日常使いで活躍するスリムモデル。

着脱しやすいサイドジッパー設計がとても嬉しいですね。

雪や雨の染みこみを防ぐ防水浸透性と、静電気の発生をも抑える高い保温性を兼ね備えています。

靴底を見て分かりますが、大きな凹凸がグリップ力を発揮し、不安定な雪道でも安定した歩行をサポートします。

とても軽量なので、小さなお子様を持つお母さんたちにもオススメです。4色展開で、デザイン性も高いです。

 

コロンビア ラブランド ショーティ オムニヒート レディースシューズ

ラブランド ショーティ オムニヒートはダウンコートをイメージしたウィンターブーツです。

足首の高さまであるフットギアは足元をしっかりとホールドし、とても安定感があります。

また、つま先部分の先端が少し上あがりになっており、つまづきにくい設計で安心。

保温性と防水浸透性にも優れ、アウトドアだけでなく普段使いにもオススメ。

ふわっと可愛いキルティングとフェイクファーがオシャレ女子の心をグッと?みますね。カラーは3色展開です。

 

Columbia(コロンビア)Women’s Bugaboot Plus ウィメンズバガブーツプラス

ウィメンズバガブーツプラス。

アッパー部分にウォータープルーフレザーを使用した、防水性抜群のウインターシューズです。

さらに3D構造の中綿が高い保温性を保ち、厳しい雪山にも対応した設計です。

クッション性のある足入れ口に、プルルーフと呼ばれる輪っかがついているので、着脱しやすく便利ですね。

雪が詰まりにくいソールにより、雪上での歩行をサポート。どちらかといえば、こちらはアウトドア用にオススメです。

スポンサーリンク

おわりに

おすすめスノーシューズをご紹介しましたが、いかがですか?

コロンビアでは「子供が何人もいる家庭、みんなに買え与えることが出来るような適正価格を」とテーマに掲げています。

ご紹介した上記アイテムも、たしかにお手ごろなものが多いですね。

機能性はさることながら、デザイン性も高いブランドなので、タウンでの日常使い用に一足用意しておくのも悪くないでしょう。

 

余談です。

雪が積もった数日後の外出が一番怖い著者です・・・。

みなさんそうですよね?雪が積もっている時はいいんですよ。

問題は数日後の溶けたあと。ツルツル氷が張っていて、滑る滑る。

これを打破するには、やはり靴底のソールが大事です。ガッツリ凹凸のあるものを選びましょう。そして、大また歩きはやめましょう。小さく小さく一歩一歩です!(笑)

スポンサーリンク

-生活

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

夏の紫外線の影響から目を守らないと大変なことに!防止する方法は?

日焼けやシミ、しわの原因になるのは、太陽光の中の紫外線の影響です。 そして、日焼けするのは肌だけではなく、目や唇、髪なども日焼けします。 日焼けばかりか、紫外線は目に悪いと言われていますが、実際はどう …

スノーシューズで折りたたみができるものはこれ!

突然の雨や雪に備えて、折りたためるスノーシューズがあったら便利ですよね。 冬の天候はどう変わるか分からないので、朝の通勤・通学時には問題なくても帰りには雪が降るなんてことも十分ありえます。 雪が積もっ …

洗濯機はドラム式と縦型のどっちがいい?比較してみた!

私の家の縦型洗濯機はもう10年以上使っていますが、まだ元気に活躍しています。 一人暮らしの息子はドラム式、小さな子供が2人いる娘は縦型を使っています。 いざ、洗濯機を選ぼうと思っても、数多くの機種があ …

謝恩会の幼稚園での飾り付けはどうする?

卒園式シーズンが近づくと必然的に悩まなければいけないのが「謝恩会」。 卒園、入学の準備をする前にみなさん取り組む必要がありますよね。 そもそも謝恩会とは何なのか? 謝恩会というのは、いままでお世話にな …

スノーシューズの使い方!靴底はどうなってるの?

今年の冬は寒そうですね。 11月の時点で関東圏に降雪が確認できるなんて、どのくらいぶりなのでしょうか。 地球温暖化・暖冬とはよく言ったものですが、正直寒いですよね(笑) ところで、皆さん「スノーシュー …