今日の知識が明日を輝かせる

明日の暮らしをもっと便利にするために役立つ情報をお届けします。

知恵

能書きの由来は何?薬が関係している?

投稿日:2016年12月10日 更新日:

能書きとは、薬などの効能を書き記した「効能書き」のことで、それを略した言葉です。

昔の薬の袋には「あれにも効く」「これにも効く」と精一杯の効き目を並べ立てて書いていたんですね。

本当に効くのかどうかは分かりませんが、これを「能書き」といいました。

スポンサーリンク

能書きという言葉の由来について

特に規制のなかった江戸時代は、手当たり次第効能を書いていたのかもしれませんね。

正直、薬というのは実際に飲んで本当に効いたのかどうかもいまいち感じにくいことが多いですからね(笑)

しかし、このいくつも並べた能書きが問題でした。

そりゃそうですよね、あれにもこれにも効くはずは無く・・・実際の効能との間には違いも大きかったのです。

次第に「能書き」は自分や物事の優れたことを誇大にPRするような言葉として受け取られ、さらには自慢をする言葉の意味となっていきました。

自らの優れた点や得意なことを言い立てることを「能書きを並べる」などと言います。

「能書きを垂れる」という言葉も良く耳にします。

「垂れる」という表現は、「排泄をする」や「言う」に侮辱の意味を込めたもので、「言う」や「並べる」よりも一層いやらしい、感じの悪い印象があります。

同じく「垂れる」を使ったもので「文句を垂れる」などの表現がありますが、いずれにしても良いイメージはないですよね。

垂れる=上から下へ・・・というイメージがあります。
「能書きを垂れる」は上から目線で物を言うという意味も込められます。

能書きとは、薬の効能書きから来ていること!
そして、その言葉に含まれる意味はあまり良いイメージはありませんね。

スポンサーリンク

おわりに

余談です。

言葉の語源って調べてみると興味深いものが多いんですよね。

最近、知り合いが韓国ドラマを見ていて「いやぁ二枚目だわー」を連呼していたので、気になって調べてみたんですけどね。

なんで二枚目っていうのかな?と思いまして・・・。

そしたら「二枚目」の由来は歌舞伎から生まれた言葉だと分かりました。

歌舞伎の演目はたいてい決まった型があり、芝居小屋には上演している演目の出演者の看板を掲げ、一枚目に「主役」、そして二枚目に「イケメンキャラ」、三枚目に「お笑いキャラ」を掲げるルールがあったそうです。

ここから、イケメンを表す言葉として「二枚目」が使われるようになったんですね!

実に面白い!

スポンサーリンク

-知恵

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

乾電池の液漏れはきちんと対処しよう!原因は何なのか?

子供のゲーム機、カメラ等、様々な用途で使用される乾電池ですが、 乾電池が液漏れしたり白いかたまりのようなものが付着していたり、 といった経験は有りませんか? あの付着している液やかたまりって何なのでし …

鏡開きの由来を知っていますか?意外な意味とは!

鏡開きには二種類あるって知ってましたか? 鏡餅を割る鏡開きと、お祝いの席で酒樽の蓋を割るものです。 酒樽の場合、「鏡」と呼ばれる蓋を割り開くことから鏡開きというのだとか。 酒樽の方の鏡開きもいろいろ気 …

門松を処分するのはいつがいいの?

お正月に飾る門松、なぜ飾るのでしょう。 門松の由来や飾り方、飾る時期や片付ける時期、知っているようで 知らずに飾っている方も多いのではないでしょうか。 実は私も、恥ずかしながら意味や時期など知らずに飾 …

お食い初めのメニューには何がある?どんな意味があるの?

お食い初めって何ぞや?」と思ったら、赤ちゃんの祝い事のひとつなんですね。 どうも名前もひとつじゃないみたいで、「食べ始め」「箸初め」「箸揃え」「箸立て」「真魚染め」「歯固め」など、まだまだいろんな呼び …

胃カメラの前日の食事って何を食べても大丈夫なの?注意することとは?

胃カメラは、食堂や胃、十二指腸をカメラで観察し、胃がんや食道がん等の早期発見や、腹痛や貧血の原因を探す目的で行われます。 ところが、胃カメラの検査は何度やっても憂鬱で苦手という方も多いと思います。 ま …