今日から放送されたスーパーサラリーマン佐江内氏。

スーパーマンなのに妙に脱力感があるところがめちゃくちゃ面白かったです。

スーパーマンになった佐江内氏は、人々に飛んでいるところや非常識なところを見られますが、記憶を消すことができるので何も問題がないという設定です。

例えば、ビルから飛び降りた女性を空中で助け、地面に着地した姿勢にしてあげたり、ワンちゃんを燃えている部屋から助けてあげたり。

で、ムロツヨシ演じる刑事さんのそばにワンちゃんを置いて記憶を消し、突然手元にワンちゃんがいるという状況を作り出しました。

普通なら何で⁉︎となりますが、ムロツヨシはオレが助けたんだぜ〜と自分の手柄としてしっかり受け取りました。

何コレ、コナンで出てくる眠りの小五郎みたい(笑)

さて、そんな佐江内氏ですが、ちょいちょいパロディも入っていました。

スポンサーリンク

佐江内氏のエンディングは恋ダンスを意識?

佐江内氏のエンディングが、まさかのダンスでした。

しかも出演者揃って。

これって、完全に逃げ恥の恋ダンス意識してますよね(笑)

ただ、恋ダンスよりは覚えづらいような…

まあ、覚えてもらうというよりは話題にしようというのが狙いですかね。

てか、ドラマの中で佐江内氏がカラオケをしていて、そこでモロ恋ダンスを踊っていました。

しかも店員さんも途中から混ざってきて、まあまあ長い尺でしたね(笑)

緩い感じが面白かったです。

ムロツヨシが3年B組金八先生

ドラマのラストで、学校に立てこもった犯人を佐江内氏が倒してムロツヨシの元へ。

手錠を犯人とムロツヨシの片手同士でかけて、佐江内氏はみんなの記憶を消しました。

すると、ここでもムロツヨシ刑事はオレがやっつけたんだとその場にのっかる(笑)

そして、生徒たちが刑事さーんと言って周りに集まってきました。

ん?このカメラワークもしや…と思っていたら案の定、3年B組?とムロツヨシが叫び、生徒たちが刑事さーんと答えました。

これいいの?とか思いながら、最近はドラマの中でパロディが多いなと感じました。

変身シーンがウルトラマン

佐江内氏はワッペンのようなものを胸につけてスーパーマンに変身するのですが、変身すると腕を上げてシュワッみたいなウルトラマンのポーズになります。

背景もウルトラマンっぽくて完全に意識していましたね。

軽快なコメディで面白いドラマでした。

スポンサーリンク