大人っぽい紳士服というイメージが強いツイードジャケットですが、今ではレディースも多く使用されています。ツイードジャケットに使用されているツイードは、スコットランド地方で生まれた毛織物の一種。

ツイードの始まりは1830年代にさかのぼり、荒い紡ぎ糸を染めて綾織をしたのが、ツイードの始まりです。

そのツイードをロンドンの商人が目をつけ、イギリス・ヨーロッパなど世界中へ広まるようになりました。

現代日本では、入学・入園・会食などフォーマルな恰好をする場で活用されることが多いですね。

ツイード素材のジャケットは、スマートカジュアルなアイテムとして人気があります。

生地の織り方を意味するツイードは、素材によって使える季節が異なります。

ウール等は冬にも使えますね。

スポンサーリンク

フォーマルに着こなせるレディースのツイードジャケット

B:MING by BEAMS ビーミング by ビームス / ツイードノーカラージャケット

ビジネスシーンにも使えるツイードジャケットのセットアップです。

秋冬モデル。上品で清潔な印象を与えるアイボリーとシックに決まるブラックの2色から選べます。

スカートをデニムに変えるだけで、休日のオフスタイルに変身。

色々なシーンに合わせて使えるセットアップです。

 

ハリスツイード バックトラウト Harris Tweed ジャケット テーラード 英国製 ヘリンボーン チェック

厳しい基準をクリアし、最も品質の良いハリスツイード地を使用。

ハリスツイードとは、伝統的な手作業による織物を続け、100年以上にわたり世界中で愛されています。

デザインは3種類、デザイン・シルエット共に洗練された大人のドレスアップスタイルを実現。

着心地にもこだわったウールジャケットです。美しいシルエットをキープするためフロントポケットが飾りポケットになっています。

袖元にはハリスツイードタグを配置。防寒性も高いので秋冬にピッタリです。

 

【銀座マギー】ブレード使い ツイード ノーカラー ジャケットアンサンブル

華やかな場にふさわしいラメ入りのツイードジャケットです。

長袖クルーネックカットソーがセットになっています。

ジャケットには細めのラメ糸を織り込み、エレガントに仕上がっています。

防寒性に優れ、型くずれしにくいのがポイント。

軽やかに着こなせて、ジャケット・インナーそれぞれ単品で使うことも可能。

上品でオシャレなアンサンブルです。

 

【ツイード ジャケット】ノーカラー ファンシーツイード フォーマル

卒園式・入園式・謝恩会などにピッタリのツイードジャケットです。

春用素材を用いた、軽やかな明るい印象です。シンプルなシルエットで、シーンを選ばないベージュがとても素敵ですね。

前を留める位置や、コサージュなどの小物次第でドレスアップが可能。

パンツやスカート、またデニムを合わせてもいいですね。

 

ノーカラージャケット ツイード レディース アウター 2way おすすめ エレガント

フロントの大きなリボンがとてもかわいいツイードジャケット。

異素材で切り替えたメリハリのあるデザインが特徴的で、フロントのリボンによってウエストが細くみえる効果も期待できます。

また光沢感のある糸を生地にミックスしているので、華やかさもプラス。

フロントはホックで開閉ができ、リボンも取り外しが可能。

綺麗めなボトムを合わせて、フォーマルなシーンで使えます。

スポンサーリンク

おわりに

オススメのツイードジャケットをご紹介しましたが、いかがでしたか?

春はセレモニーが多い季節なので、ツイードジャケットをうまく着こなせればバッチリですね。

なにより、ツイードジャケットの良いところはオンもオフも使えること。

膝上のスカートにブーツ、デニムパンツなどを合わせてオフシーンにもオススメです。

 

余談です。

春シーズンに多いセレモニー。大活躍するであろうツイードジャケットやセットアップに合わせるのは、コサージュがオススメです。

余り地味な色は選ばず、主役の方たちより目立つのもよくないので適度な華やかさが求められますね。

若い方は、スワロフスキーで作られたブローチなどを胸元に付けるのも素敵ですね。

セットアップで揃えておけば、どんなシーンにも使えて良さそうですよね。

スポンサーリンク