寒い季節になると、きちんと体調管理をしているつもりでも
風邪やインフルエンザ等が流行しますよね。

皆さんは、どんな風邪予防をしていますか?

風邪と言えば昔からビタミンを摂ると良いとされ、はちみつレモンや生姜蕩、
玉子酒などを飲む人が多いのではないでしょうか。

今まで馴染みの無かったホットワインも最近では、
クローズアップされてきています。

聞いた事は有るけど、作り方を知らないし・・・
どんな効果があるのかよく解らないし・・・って事で、
スルーしている方も多いですよね。

そのホットワインについて、少しお話ししたいと思います。

スポンサーリンク

ホットワインとは

wine

ホットワインは、今やヨーロッパ地方で愛飲されている飲み物です。

最初のホットワインは、ワインを温めただけのものでしたが苦くて不味い!
と思ったとあるご主人が、スパイスを入れて作ってみた、
というのが現在のホットワインの始まりと言われています。

その後、スパイス以外の材料が加えられて
16世紀には王室で飲用されるようになり、
17世紀にはグロッグという名で国民にも親しまれるようになりました。

現在のようにヨーロッパ全体で親しまれるようになったのは、
19世紀以降だと言われています。

以来、スロバキアではヴィレネ・ワイン、
ドイツではグリューワインと言う名で親しまれています。

風邪や冷え症に効く効能

ホットワインは風邪や冷え症等に良く効くと言われています。

ホットワインに加える柑橘類には、皆さんもご存知のビタミンが
豊富に含まれているので抵抗力を高める効果が有るとされています。

人間は体温が1度下がるだけで、
免疫力が30~40%下がると言われています。

温かい飲み物を飲む事で身体が温まり、
さらにアルコール分が保温効果を持続させると言われていますので
体温を上げるには最高だと思います。

さらに、ワインに含まれるポリフェノールには抗酸化作用が有り、
免疫力を上げる効果が有ります。

また、加えるスパイスによって鼻風邪に効果が有ったり
喉の痛みを和らげる効果が有ったり、殺菌作用が有ったりと、
風邪には良い事だらけですね。

スポンサーリンク

ホットワイによる美容効果

活性酸素は肌荒れの原因の1つとされています。

特にニキビやシミ、くすみや肌の老化等は
活性酸素によるのが大きな要因とされています。

その活性酸素を、ブドウポリフェノールの持つ高い抗酸化作用が
抑制してくれる為、高い美容効果が期待できると言われています。

また、高血圧やコレステロール値を下げる、血液をサラサラにする、
脂肪を小さくするなど、身体の内部のアンチエイチングにも
効果が高いとされています。

血液がサラサラになるという事は、若返り効果も期待できますので
女性には嬉しい限りですよね。

白ワインを使ったホットワインのおすすめレシピ

材料

白ワイン1本、オレンジ半分、レモン半分、
はちみつ大さじ2~3杯(甘めがお好きなら適宜増やして下さい)、
クローブ10~15粒、シナモンスティック1~2本

作り方

①オレンジとレモンは薄くスライスしておきます。

②鍋にワインと材料を入れます。

③弱火(80℃がベスト)で20分ほど火にかけます。

この時、沸騰させない事が重要です。

④シナモンとクローブを取り除き、カップに注いで温かいうちにいただきます。

※今回は、レモンとオレンジを使用しましたが
お好みでリンゴやいちご、サクランボ等の果物でも美味しく出来ますよ。

スポンサーリンク