明日の暮らしをもっと便利にするために役立つ情報をお届けします。

寝たはずなのに眠いあなた、睡眠時無呼吸症候群かも

睡眠時間は十分とれていて、しっかり寝たはずなのに眠いとか、寝たはずなのに疲れがとれないといった方は要注意です。

もしかすると睡眠時無呼吸症候群かもしれません。

では、睡眠時無呼吸症候群とはどのような症状なのかを詳しく見ていきましょう。

睡眠時無呼吸症候群とは

睡眠時無呼吸症候群とは7時間の睡眠中に30回以上無呼吸という状態がある疾患で、睡眠の最中に無呼吸が1時間で5回以上現れる病気です。無呼吸というのは呼吸が10秒以上にわたって止まってしまうことをいいます。

この睡眠時無呼吸症候群にはいびきも関連しているといわれています。いびきは睡眠中に気道が狭くなってしまうことで、空気が通る時にのどが振動することでおこります。つまり、気道が狭くなるという状態が睡眠時無呼吸症候群には深く関係しています。

意識がある起きた状態の時は、通常であれば気道の周辺の筋肉は緊張していて無呼吸になることはありません。しかし、睡眠中は気道の周辺の筋肉の緊張がなくなって気道が閉塞しやすくなります。

気道が閉塞しやすくなると睡眠時無呼吸症候群になってしまうといわれています。その理由は、空気の通り道がなくなり呼吸ができなくなるからです。そのため、寝息も聞こえなくなるという状況になります。

呼吸ができない状態だとだんだんと苦しくなっていくため、眠っている人は無意識のうちにでも、狭くなった気道から空気を通すようにします。空気が通ればいいのですが、空気がスムーズに通らない状態が続く場合もあります。

そうなると低酸素状態になってしまって、眠っている人はさらに苦しくなります。すると脳が覚醒して、気道の周りの筋肉を緊張させて、気道確保を行おうとする反応が起こります。

脳が覚醒すると再び呼吸を行うことができます。そのような換気が行われた際にいびきが起こるのです。頻繁にこのような状態になると、寝ている間に脳の覚醒がたびたびあるため、寝ているつもりでも実際は定期的に起こされているようなもので疲れもとれません。

1時間で5回無呼吸になっていたとすると、本人は自覚がなくても10分毎に起こされているということですから、たまったものではありません。その結果、朝起きた時に頭が重い感じがしたり、日中に眠気が生じやすくなります。

これが睡眠時無呼吸症候群の症状になります。

スポンサーリンク

睡眠時無呼吸症候群の体への影響は

睡眠時無呼吸症候群の人はいびきや無呼吸などの状態で覚醒状態になっています。

この状態は眠っている人にとっては苦しいのです。そのため、寝汗もかきやすくなっているのです。いびきは一種の口呼吸になり、睡眠時無呼吸症候群のいびきがあると、一晩中口呼吸をしているということになるため、起きた時には口内が乾燥しています。

眠ると疲れる状態になっていますので、起きた時には疲労感もあるのです。無呼吸やいびきによるストレスを受けると、交感神経緊張状態が長く続くようになります。そうなると、高血圧や心疾患などのリスクも高くなっていくといわれます。

このように、睡眠時無呼吸症候群になると体に影響が出てくるのです。

特に睡眠の最中に無呼吸が1時間で30回以上現れる重度の睡眠時無呼吸症候群の場合、8年後の生存率は60%というデータもあり、確実に体に負担を与えていることが分かります。

自分が睡眠時無呼吸症候群でないかと思い当たる方は早めに検査を受けることをおすすめします。

スポンサーリンク

睡眠時無呼吸症候群の治療方法は?

睡眠時無呼吸症候群の原因は生活習慣病と大きな関わりがあるといわれています。成人の睡眠時無呼吸症候群の人の5人に1人が生活習慣病をもつともいわれているのです。生活習慣病は肥満と関連性があるといわれています。

また、肥満でない人もアルコールの摂取習慣がったり、鼻がつまりやすかったり、扁桃が大きかったりすると睡眠時無呼吸症候群のリスクが高まるといわれます。さらに、加齢による要因も関連しているともいわれています。

また、扁桃肥大があるといびきや睡眠時無呼吸が出やすいといわれています。隠れ扁桃肥大の大人もいるといわれ、様々な原因があると考えられているのです。

このように、睡眠時無呼吸症候群は、このような原因の1つもしくは複合的に影響して、気道が極端に狭くなって閉塞することで呼吸ができなくなることで起こるのです。

そのため、治療法については個々に応じた治療を行っていきます。代表的な治療法として減量や扁桃や鼻の手術、睡眠時のマウスピースの装着、生活習慣の改善などが挙げられます。

例えば、肥満は気道を狭くする要因として挙げられています。肥満になると体重が増加したり、体脂肪率が高くなったりしますが、体型だけでなく、体の内側にも脂肪がついてしまいます。内臓脂肪などの他、舌根部と呼ばれるところにも脂肪がつきます。舌根部に脂肪がつくと、気道が狭くなりやすいのです。そのため、体重をコントロールして、不必要な部分についてしまった脂肪を落とす必要があるのです。

また、アルコールの摂取は、寝つきがよくなって眠りにつきやすいというメリットがありますが、筋弛緩がおこりやすく、気道が狭くなりやすいというデメリットがあります。そのため、睡眠中に呼吸障害が起こりやすくなるといわれます。アルコールの摂取習慣をコントロールすることで、アルコールが原因の筋弛緩を予防改善する方法があります。

睡眠時無呼吸症候群は加齢によって気道周辺の筋力が衰えたり、気道周りの組織が弾力性を失うことで気道が狭くなって発症します。鼻からマスクで空気を流すシーパップと呼ばれる治療法なども睡眠時無呼吸症候群には有効だといわれています。

このように、睡眠時無呼吸症候群には様々な原因があるので、それぞれに対応した原因に対する対処を行って改善していくことが大切です。

スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめサイト

海外旅行のヒント
海外旅行に役立つ情報をお届けします。
転職のススメ
転職に役立つ情報をお届けします。