明日の暮らしをもっと便利にするために役立つ情報をお届けします。

こたつ布団の洗濯ってどうやるの?きちんと洗いましょう!

こたつ布団って、他の布団と比べて、汚れが目につきやすいですよね。

でも、洗濯するにもどうしたらいいかよくわからなくて、結局そのまま洗えずにいたりしませんか?

我が家では、シーズン終了後は、こたつ布団のカバーだけ洗って、こたつ布団そのものは、干すだけなんていう状態。

こたつで食事をするので、本当は洗いたいところなんですけどね。

スポンサーリンク

家庭でのこたつ布団洗濯方法

中綿がポリエステル素材などで、水洗い可の表示がついているものは、家庭で洗濯することが可能です。

大きさによっては、洗濯機で洗うのが可能なものもあります。

洗う前の準備として、ほこりなどの汚れを取り除いておきましょう。

洗濯機で洗う場合は、汚れている部分が外側になるようにして、洗濯ネットの大きさに合わせて三つ折りや屏風だたみにし、ロール状に巻いてネットに入れ、大物洗いコースや毛布コースで洗います。

洗濯機に入らない大きさだったり、アクリルや綿素材の場合は、浴槽を利用して足踏み洗いをします。

転んだり滑ったりしないよう、必ず壁や手すりなどに捕まって行うようにしてください。

まず、汚れた部分が外側になるようにして、浴室に入る大きさに合わせて屏風だたみにし、畳んだ布団がつかる程度の洗剤液を浴槽に張り、そこに布団を入れ、浴槽の中で足踏みをするように、布団をまんべんなく押し洗いします。

次に、きれいな水に取り換えて、足踏み洗いと同じように浴槽の中で足で押しながら2回ほどすすぎ、浴槽のふちに折りたたんで掛けて自然に水を切ります。

持ち運びやすくなるくらい水が切れるまで、1日近くかかるようです。

干す時は、洗濯竿を日本使って、M字型に干します。

こうすることによって、風の通る空間ができ、早く乾きます。

また、水分は下に下がるので、途中で何度か布団を返すと良いと思います。

中綿がダウン素材のものは、乾燥するまで数回ダウンをほぐしましょう。

完全に乾かすには、天気がいい日でも、2日から3日かかるようです。

スポンサーリンク

洗濯できないときはクリーニングに出そう!

家庭で洗濯できないタイプの物は、洗いたい場合はクリーニングに出すほかありません。

クリーニング店の洗剤汚れなどがどうしても気になる場合は、繁盛期を避けるか、布団専門のクリーニング店に出すのをおすすめします。

金額的には、3千円から5千円ほどが多いようです。

コインランドリーはどう?

家庭で洗濯する場合と同じく、水洗い可の表示がついているものであれば可能です。

ただし、キルティング加工がされていないものは、細長く丸めて麻紐で数か所縛ると、綿が偏らずに済みます。

ただ、洗濯機によっては縛らなくていいものもあるようなので、近くにある使用方法をよく読むことをおすすめします。

後は、洗濯機のサイズをチェックし、適したものを選んでください。

乾燥はモノにもよりますが、最低でも1時間はやっておきたいところです。

金額的には、2千円前後になるかと思います。

シーズンが終わってしまう場合は、きちんとした知識を持ってしまいましょう。
関連記事:こたつをしまう時期はいつ?きちんと洗って収納しましょう!

おわりに

家庭で洗うのはやっぱり大変そうですけど、コインランドリーで洗えるっていうのは知りませんでした。

洗濯から乾燥までしっかりやってしまって、念押しという形で天日干しっていうのもありだなと思います。

ご自分に合った洗濯方法で、こたつ布団を綺麗にしてみませんか?

スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめサイト

海外旅行のヒント
海外旅行に役立つ情報をお届けします。
転職のススメ
転職に役立つ情報をお届けします。