明日の暮らしをもっと便利にするために役立つ情報をお届けします。

男性型脱毛症が女性に増えている?

加齢と共に抜け毛や薄毛、白髪など髪の悩みを抱える女性が増えています。

女性の髪の悩みは女性ホルモンと大きく関係しているので、加齢だけでなく妊娠・出産前後や月経時の痛みなどに苦しんでいる人なども、髪の悩みが大きくなる傾向があります。

また、女性の社会進出が進むにしたがって男性と同じように仕事をこなしながら、家事や育児にも頑張っている事から、ストレスや睡眠不足が起こりやすく抜け毛の原因になることも有ります。

女性の薄毛は気付きにくい、誰でも可能性がある薄毛

人によって程度に違いはありますが、加齢による髪の変化は自然な問題です。

抜け毛や薄毛、白髪、細くなった毛、ハリやコシを無くしてペタンとなってしまった頭を見ると落ち込んでしまいますが、加齢が原因であれば仕方のないこととも言えます。

しかし、いつまでもキレイな髪で若々しく髪型を楽しみたいものです。毛量が多く太く硬い毛だから、自分はまだまだ大丈夫と思っている人もいることでしょうが、女性の薄毛は男性のように目に見えて進行しません。わかりにくいと言った方がよいでしょう。

男性の薄毛は額の生え際や頭頂部に集中しますが、女性の薄毛は頭部全体的に少しずつ進行することが多く、自分で薄毛に気付きにくい特徴があるのです。自分で気付きにくいので、対処や治療が遅くなってしまい、効果が遅くなることがあります。

髪に気になる変化が見られなくても、生理不順や不正出血、生理痛、肌荒れなどいつもと違う変化があれば、女性ホルモンのバランスが崩れている事になります。

髪の変化が気になったら出来るだけ早く、毛髪専門クリニックや皮膚科の毛髪相談などを受けてみるとよいでしょう。

スポンサーリンク

女性に起こりやすい脱毛症と「女性男性型脱毛症(FAGA)」

薄毛やハゲ、脱毛症は男性に多いと思う人が多いでしょうが、最近では女性の脱毛症、ハゲも増えています。

女性特有の脱毛症もありますから、気になる症状があれば早めの対策をしましょう。

【牽引性脱毛症】

ポニーテールやお団子のようなまとめ髪を毎日長時間続けると、頭皮や髪の同じ部分が引っ張られて強い力が掛かります。これによって、頭皮や毛根が耐えられずに抜けてしまう事で、徐々に薄くなっていきます。

【分娩後脱毛症】

妊娠から出産後はホルモンバランスが乱れて、出産後に抜け毛が起こることがあります。一時的な脱毛なので、半年から1年ほどで自然治癒します。人によっては脱毛量も多く、改善が見られない場合は、専門クリニックで相談しましょう。

【粃糠(ひこう)製脱毛症】

フケが毛穴を塞ぎ、頭皮に炎症を引き起こして起こる抜け毛で、毎日のシャンプーやカラーリングなどが影響していることが多く、シャンプーを変えたり、日頃のケアの見直しが必要になります。

【脂漏性脱毛症】

皮脂が過剰分泌されることで頭皮の毛穴を塞ぎ、炎症を起こして抜け毛が起こります。頭皮の赤化や湿疹など皮膚炎になることも有るので、専門医に相談して正しいケアが必要です。

【女性男性型脱毛症(FAGA)】

男性に良く見られる脱毛症(AGA)で、額の生え際や頭頂部が薄くなって来る脱毛症の女性版になります。近年このFAGAの脱毛症状が増えています。

スポンサーリンク

FAGA(女性男性型脱毛症)の原因は?

成人男性に多く見られる薄毛・脱毛症は男性ホルモンに起因しており「AGA」と言います。

男性ホルモンは男性だけでなく女性にも存在し、女性が男性ホルモンの影響を受けることで薄毛になることを「FAGA」というのです。「びまん制脱毛症」とも呼ばれ、薄毛が頭全体に広がっていきます。

更年期を迎える頃の不調の中でも、女性の薄毛の悩みは一番大きいものになっています。40代後半から閉経を迎える頃、女性ホルモンの分泌は急激に減少して、男性ホルモンの影響を受けやすくなります。

それまでは女性ホルモンの働きで男性ホルモンを抑制していたのですが、「加齢」によって女性ホルモンの分泌量が減少すると、男性ホルモンを抑制できなくなり、影響を受けるという訳です。

閉経後は女性ホルモンの分泌はほとんどなくなり、FAGAを引き起こしてしまうのです。

例えば、引っ越しや転職、昇進や別居、親の介護など「急な生活環境の変化」は、自律神経を乱してホルモンバランスを崩しやすくなります。ホルモンバランスの乱れでも男性ホルモンが有利に働き、薄毛の原因に繋がります。

「ストレスや睡眠不足」もホルモンバランスを乱す原因になり、体の緊張状態が続くことでより顕著にホルモンバランスの変化が起こります。緊張状態を解き、ストレスを無くすことと質の良い睡眠を心がけることで、ホルモンバランスの乱れを防ぐことが出来ます。

スポンサーリンク

FAGA(女性男性型脱毛症)にならない、進行させない対策方法

男性ホルモンが影響している脱毛症の場合、皮脂腺の働きが活発になっている事が多く皮脂の過剰分泌がみられます。

頭皮を清潔にして皮脂を取り除く必要があるので、毎日シャンプーをしましょう。血液の循環を良くして、毛乳頭から毛母細胞に栄養がうまく行き届くようにします。

その為には、育毛剤を使って頭皮マッサージをしたり、スチーマーで育毛成分を行き渡らせることが有効です。

規則正しい食事に、頭皮環境と髪の為に良い大豆食品や良質なタンパク質、ビタミンや亜鉛などを含んだ食品を摂りいれましょう。

ストレス解消につながる趣味や軽い運動を続けることも、FAGA対策に効果があります。脱毛症や薄毛対策の効果は人によってまちまちです。効果が見られない場合は、専門医に相談して治療していくとよいでしょう。

自由診療で保険の適用を受けない治療になりますが、症状によって内服薬、外用薬、注射薬を組み合わせて治療していきます。

恥ずかしいから専門医に行きたくないという気持ちになりますが、早めの対策で悩みも小さくなります。恥ずかしがらずに、症状にあった対策を取っていきましょう。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめサイト

海外旅行のヒント
海外旅行に役立つ情報をお届けします。
転職のススメ
転職に役立つ情報をお届けします。