明日の暮らしをもっと便利にするために役立つ情報をお届けします。

おならを我慢すると口臭が強くなるの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

体臭や口臭に悩んでいる人は案外多いものです。

仕事の会話でも口臭が気になっていると話に集中できず、相手の表情にばかり目がいってしまいます。

口臭の原因は、虫歯や歯周病など口内に問題がある場合が多いのですが、腸内環境の悪化や食習慣、日常生活の乱れなども口臭の原因になっています。

もしも、おならのようなニオイが口からすると言われたら、かなりショックですよね。「おなら」は腸内で食べ物を消化している時にできたガスなので、誰でも出てしまいます。

さて、おならを我慢するといつの間にか何処かにいってしまう事ってありませんか?

我慢した「おなら」は腸逆流して、口から臭うようになるのでしょうか。「おなら」と口臭の関係を見ていきましょう。

我慢した「おなら」はどこに行くの?

食物から摂取された栄養素以外のカスは便になって排出されますが、消化する時に腸内で発生したガスがおならとなって排出されます。

我慢せずに出す方が自然であり健康の為に大切ですなのですが、時と場合によって人目を憚ることもあります。では、我慢したおならはガスのまま体内に留まった後、どうなってしまうのでしょう。

「口臭となって口から出る」と考える人もいますが、おならのガスがそのまま口から出ることはありません。食べ物と一緒に飲み込んだ空気がゲップとなって口から出ますが、ゲップはおならのガスではありません。炭酸飲料を飲んだときにゲップが出ますが、臭くありませんね。

おならを我慢した時に、腸から胃、食道と逆流してゲップのようにガスが出ることは無いのです。おならを我慢して行き場を失ったガスは、十二指腸でガードされ胃から外に出ることはありません。

胃の中は強い酸性の胃酸に満たされているので、細菌などは住みつくことが出来ず、胃で食物を発酵させてガスを出すことも出来ません。ですから、おならを我慢したからといって口臭になってニオイがすることは無いのです。

摂取した食物の炭水化物や脂肪、たんぱく質などが腐敗発酵してできるのが、二酸化炭素、メタン、硫化水素、アンモニアなどのガスです。

当然、おならになって肛門から出てしまいますが、おならになるよりもほとんどのガスは、腸から体内に吸収されて、肝臓で濾過解毒無臭化されるのです。

スポンサーリンク

えっ、「おなら成分」は口から出る?

おならを我慢ばかりして、大量にガスが発生し肝臓で濾過する処理能力が限界になると体内に吸収されたガスは、血液中にも溶け出して身体中を駆け巡ります。

ガス交換の為に肺にも回るので、肺と直結する口からも二酸化炭素と一緒に排出される場合もあります。おならが口から出るのではなく、「おならの構成成分」が口からも出るというのが、正確な答えです。

腸内ガスは、身体中を駆け巡り血液中にも流れ出すことを考えると体臭も気になってしまいますが、先に書いたように肝臓で無臭化されるので体からおならが臭う事もありません。

口臭があると、胃腸の調子が悪いからと考える方も多くいます。確かに胃腸の消化機能の悪化は口臭の一要因になっていますが、口臭の原因のほとんどは「口腔内」の問題が大きいのです。

口臭のニオイで原因がわかる

口腔内の問題以外にも、胃腸が悪いときには「卵の腐ったニオイ」、腎臓が悪いと「アンモニア臭」、肺の病気では「肉の腐ったニオイ」がすることがあります。これらの体内口臭は、歯科ではなく内科の治療分野となります。

腸内で発生したおなら成分が含まれる口臭は少なく、おならを我慢してもおならと同じニオイが口からすることは無いので安心しましょう。

もしも、おならのような口臭を家族などに指摘されたら、歯科治療をして口臭の悩みを相談してみましょう。それでも口臭が改善しない時は、他の原因になるので胃腸科などで見てもらうと良いでしょう。

スポンサーリンク

臭いおならと臭くないおなら

おならでも何もニオイが無いのもあれば、強烈に臭いのもあります。

食事内容や体調によって、おならのニオイは変わります。中でも食事内容は腸内ガスの発生に大きく関係します。

肉、ニンニク、ニラ、ネギなどの硫黄成分を多く含むものを食べると、臭いガスが多く発生しておならは臭くなります。便秘の人は、腸内に便が長くとどまることになるので、悪玉菌が便を発酵させて強いガスのもとになります。

そして、驚きなのがストレスです。ストレスや睡眠不足などによって、胃腸の働きが鈍くなると消化機能がうまくいかず、ガスを溜めこんでしまい発酵して臭くなってしまいます。

おならを我慢すると腸内にガスが充満し、ストレスに繋がりまたガスが発生するという悪循環を起こして一層ストレスになります。

我慢した腸内ガスの臭いおならは、身体中を駆け巡って血液中にも溶け込むことを考えると、我慢するよりも出してしまう方が、血液も腸内もキレイになると思いませんか。

口臭となっておならが出ることはありませんが、同じ成分が混じることがありえるのであれば、やはりおならは出たくなったら出すのが良いのですよ。

誰でも、何処かで「おなら」をしているのです。

スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめサイト

海外旅行のヒント
海外旅行に役立つ情報をお届けします。
転職のススメ
転職に役立つ情報をお届けします。