明日の暮らしをもっと便利にするために役立つ情報をお届けします。

食欲の秋、緑茶の痩せる効能で太りすぎない生活を!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

暑さも和らぎ過ごしやすい季節になってきました。

スポーツの秋、芸術の秋、読書の秋とありますが、何といっても「実りの秋」は「食欲の秋」でもありますね。

日暮れも早く家に帰って食卓を囲むのに、美味しいものがたくさんの嬉しい季節になりました。

そこで困ってしまうのが、太ってしまう事。美味しいものを食べたいけど太るのは困る、欲望と我慢のせめぎ合いってところでしょうか。

食べたいものを食べても太らなければ良いのですから、食卓に緑茶をプラスする方法をおすすめします。

緑茶パワーで体重増加にストップ!

美味しいフルーツに山の幸、これぐらい大丈夫だろうと思って食べていたら、いつも間にか体重が・・・という経験はありませんか。

そこで、太りたくないけど美味しいものを食べたい女性に、ぜひ試してほしいのが「緑茶パワー」です。

緑茶には、皆さんご存知のカテキンとビタミンCが豊富に含まれています。体重増加を抑制してくれるカギになるのが、このカテキンとビタミンCなのです。

緑茶の産地でもあり、長寿の県としても有名な静岡県はお茶の消費量も大変多いことで知られています。

なぜ緑茶が体重増加を緩やかにしてくれるかというと、まずはカテキンの力にあります。

カテキンには、脂肪代謝を促進して体脂肪を燃やし、コレステロールの吸収を抑える働きがあります。ビタミンCは脂肪吸収を妨げ、ストレスからの暴飲暴食を引き起こすホルモン、コルチゾールの分泌を抑える働きがあるのです。

その他にも、カフェインは脂肪の分解を活性化させて血糖値の上昇を抑制するなど、緑茶を飲むことで太らないようにする成分が多く含まれているのです。

スポンサーリンク

効果的な緑茶の飲み方

現在、緑茶は急須で入れて飲むよりも、いつでもどこでも手に入るペットボトルが多く出回っていますね。

しかし、太りにくくする緑茶には、お茶葉を入れた急須にお湯を注いで淹れる温かいお茶をおすすめします。飲み方を工夫すれば、より効果が期待できます。

食前10分前に温かい緑茶をゆっくり一杯

食前に温かいお茶を一杯ゆっくりと噛むように時間を掛けて飲みます。脳の満腹中枢が刺激されて、食欲を抑える効果が得られます。

食後は熱いお茶を一杯

カテキンは、80℃以上の熱湯で淹れることで多く溶け出します。熱い緑茶を飲むことで、脂肪の代謝が促進されてコレステロールの吸収を抑える働きを効果的に得ることが出来ます。

朝昼晩の食事後、糖分の多いおやつや間食をした時にも緑茶を飲むようにしましょう。

運動前にも緑茶を飲もう

運動する前に緑茶を飲むようにすれば、脂肪をより燃えやすく作用します。カテキンが十分に吸収されるように、運動開始の30分前くらいに飲むとよいでしょう。

しかし、熱中症対策の水分補給に緑茶を飲むのは、利尿作用がある事から不向きです。脂肪分解して排出する為の利尿作用には適していますから、天候や体調と相談しながら運動時には飲むようにしましょう。

スポンサーリンク

カフェインとカロリーゼロ!

カテキンとビタミンCの栄養分で緑茶の効果を紹介してきましたが、緑茶には「カフェイン」も多く含まれています。

眠る前に緑茶を飲むと眠れなくなるという人もいますが、カテキンと同様に脂肪の分解、燃焼効果があります。

また、カフェインの利尿作用は体内の老廃物を排出しやすくして、むくみの改善も期待できます。

眠れなくなる人は就寝前に飲むのを止めたり、薄めに淹れた緑茶で試してみましょう。ジュースや牛乳と違って、緑茶はカロリーゼロです。毎食前後に飲んでもカロリーを気にする必要はありませんから、安心して飲めますね。

どんな緑茶が良いの?

スーパーやコンビニでも緑茶はたくさんの種類があって、太りにくくする効果を得るために、どんな緑茶を買えば良いのか迷ってしまいますね。

脂肪の燃焼効果、緑茶で太るのを抑制したいときにおすすめするのは、普通の煎茶が一番良く、次に番茶、高価な玉露の順になります。お値段が高い緑茶だからダイエット効果が高くなるわけでは無いので、飲んでみて美味しいと思える緑茶で長く続けていきましょう。

また、緑茶の茶葉成分を丸ごと摂りたい場合は、粉末緑茶にすれば茶葉を捨てる必要もなく、便利で効果的に緑茶の成分を摂取することが出来ます。

玄米茶やほうじ茶が好きだという人も居るでしょうが、緑茶のような効果は得られないので、太りにくくしたい場合は、普通の緑茶を選びましょう。

緑茶を飲むと太りにくくなると言っても、急激に体重や内臓脂肪が減少するものでは無く、緩やかにゆっくりと内側から脂肪を減らして体を整えるので、長く続けることがポイントになり、効果が期待できるのです。

また、ペットボトルの緑茶にもカテキンやビタミンCは含まれていて、ペットボトルの方がいつでも飲めて楽ちんだと思われるでしょうが、先の飲み方のところで書いたように、熱いお茶や温かいぐらいのお茶など、温度を変える必要があります。

太りにくくする効果が無いわけではありませんが、急須で入れる熱い緑茶ほどは期待できないでしょう。

さて、美味しい食欲の秋は、緑茶を飲みながら堪能したいものですね。

スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめサイト

海外旅行のヒント
海外旅行に役立つ情報をお届けします。
転職のススメ
転職に役立つ情報をお届けします。