「海のミルク」と呼ばれる牡蠣。

夏は岩ガキが、冬はマガキが旬の、ちょっとお高い食材。

個人的には苦手なので、お値段もあいまって、手が出ませんが。

牡蠣は、「あたりやすい」、つまり「食中毒になりやすい」食材です。

しかも、冬場の食中毒の中で、もっともウイルス性食中毒を発症する可能性が高いのだとか。

食中毒自体、夏場のものだと思っていたので、いろいろな意味でびっくりです。

時期は関係なく、あたるのは怖いですし、ちょっと牡蠣の食中毒についてみてみましょう。

スポンサーリンク

原因・症状

kaki

牡蠣であたる原因としてあげられるのは、次の3つです。

・貝毒
・細菌(腸炎ビブリオ、大腸菌など)
・ウイルス(特にノロウイルス)

これらの中でも、ノロウイルスによるものが大半だと言われています。

ノロウイルスの症状は次のようになります。

・激しい吐き気、嘔吐
・下痢、激しい腹痛(刺すような痛み)
・悪寒、発熱(初期は微熱が大半だが、高熱になることも)

食中毒の原因になるものは、牡蠣が元々持っているものではありません。

二枚貝特有の行動によって取り込まれ、貝内部、特に消化器官に濃縮されてるそうです。

感染から回復までの期間、対処法

ノロウイルスに感染後、潜伏期間は12時間から48時間程度

発症は2日から3日

回復するまでは、発症から1週間程度となっています。

治療法としては、

・とにかく安静に過ごすこと
・水分補給を積極的に行うこと
・食事は胃に優しいものにする

の3点になります。

特に水分摂取は、下痢による脱水症状を防ぐためにも忘れないでくださいね。

ノロウイルスは、すべて口からの感染なのだそうです。

感染者の糞便や嘔吐物に触れたり、空気中を漂っているウイルスなどを口から吸いこんだりして、二次感染が起きます。

汚物の処理をするときはビニール手袋をするなどして、気をつけてくださいね。

もちろん、手洗いや消毒は必須です。

スポンサーリンク

予防するには

大前提として、食べるのは新鮮なものにしてください。

他の注意としては、次の通りになります。

生牡蠣を食べるときは必ず「生食用」を

生食用の牡蠣は、食中毒にならないようにという、さまざまな基準を通ってきたものです。

絶対という保証はありませんが、生で食べるなら、間違わないようにしてください。

また、内臓は食べないようにしましょう

加熱はしっかり中まで

ノロウイルスは、中心温度が85度以上の状態で1分間加熱すると不活性化するそうです。

茹でる場合は、沸騰したお湯で最低でも1分から2分茹でましょう。

フライなどは、約180度の油で4分以上揚げましょう。

生牡蠣を調理するのに使った調理器具はよく洗う。

調理器具にノロウイルスがついている可能性があるので、しっかり洗いましょう

熱湯などをかけて殺菌するといいです。

おわりに

武田信玄も愛好していたと言われる牡蠣。

食中毒に注意しつつ、美味しく食べましょう。

栄養価が高いみたいですし、苦手な人でも食べられる牡蠣料理とかないでしょうかね?

スポンサーリンク