明日の暮らしをもっと便利にするために役立つ情報をお届けします。

口内を健康に!大人の口腔トラブル「歯周病」について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

歯周病と言えば、昔は高齢者に多いものでしたが昨今では30代前半から悩む人が多いようです。

子どもの虫歯、大人の歯周病とも言われる代表的な口腔トラブルですので、口内の健康を保つためにも今回は歯周病について詳しく勉強していきましょう。

歯周病とは?

ニュアンスで何となく理解しているつもりでも、どのような状態を歯周病と呼ぶのか知っている人は意外と少ないかもしれないので、簡単にご説明すると、歯周病とは口内の細菌である「歯周病菌」によって炎症が引き起こされた状態を指します。

歯肉炎や歯周炎が「歯周病」と呼ばれているのは、このためと言えますね。

スポンサーリンク

歯周病によって起こる悪影響について

前述で、歯周病は「炎症を起こした状態」と説明しましたが、炎症が出来る過程で実は他にも悪影響を受けている場所があります。

それが「歯槽骨」です。

歯槽骨は、歯を支えている骨ですが、歯周病が起こってからその状態が悪化していくとこの骨が溶け始めてしまいます。

歯槽骨が溶けると、もちろん歯を支えることが出来なくなるので、どんどん歯が安定しなくなり、やがて抜け落ちてしまいます。

歯周病は、大人になってから悩む病気なので多くの場合は代わりの歯も無く若くして差し歯になってしまいます。

このようなことが起こらない為にも、歯周病は早期の治療が必要なのです。

スポンサーリンク

まずは歯周病のチェック

大切な歯を守るためにも、自分が歯周病になったときにすぐ見つけられるようにまずはチェック方法をみていきましょう。

歯周病のチェック方法は以下の通りです。

歯茎

赤い腫れが無いか、異常な柔らかさが無いか、磨いたときに出血が無いか

浮いた感覚や物が挟まった感覚が無いか、口臭がきつくないか、知覚過敏ではないか

これらは、当てはまれば当てはまるだけ歯周病の可能性が高くなります。

歯周病になってしまったときにすぐに気付けるように小まめにチェックするようにしましょう。

最後に

昨今では、歯周病菌が体に悪影響を与えるのではないか?という研究も行われており、その結果「心疾患」や「糖尿病」になりやすくなるというデータもあるようです。

特に、妊娠をしている女性は体内の歯周病菌が血液を通して赤ちゃんに運ばれる危険性があると問題視されているようです。

まだ研究段階ではありますが、歯周病と早産には大きな関わりがあるかもしれないと言われているので、女性は特に注意していきたいですね。

 

いかがでしたか?

ご覧頂いて分かるように、口内が健康であれば全身も健康に保つことが出来ます。

逆に口内が不健康であれば、全身もどんどん不健康になっていくので、健康のためにも歯周病は早めに対処しましょう!

スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめサイト

海外旅行のヒント
海外旅行に役立つ情報をお届けします。
転職のススメ
転職に役立つ情報をお届けします。