明日の暮らしをもっと便利にするために役立つ情報をお届けします。

お食い初めのメニューには何がある?どんな意味があるの?

お食い初めって何ぞや?」と思ったら、赤ちゃんの祝い事のひとつなんですね。

どうも名前もひとつじゃないみたいで、「食べ始め」「箸初め」「箸揃え」「箸立て」「真魚染め」「歯固め」など、まだまだいろんな呼び方があるみたいです。

名前どころか、地域によって違うところはもっといろいろあるようで、ちょっと難しそうです。

とりあえず、一般的なものを見てみることにしましょうか。

スポンサーリンク

お食い初めとは

生後100日、または120日目に、「一生食べ物に困らないように」と、赤ちゃんに初めて物を食べさせる際に行うのがお食い初めです。

生後100日というと、離乳食を始める頃ですし、実際に食べさせることはできませんよね。

ですので、儀式用の料理を食べさせる真似をします。

地域によっては110日目にするところもあるようです。

京都では、「食いのばし」といって、儀式をのばせば赤ちゃんが長生きできると伝えられているため、120日よりも少し遅らせて行うそうです。

メニューや食器について

正式な食器は、漆の器に両端を削ってある両細という柳箸を使用します。

漆の器は、男の子用は外側も内側も朱色で、女の子用は内側は黒色、外側が朱色のものを使います。

祝い膳の足は、男の子は低く、女の子は高くなっていますが、最近では男女ともに高いものが主流となってきているようです。

また、こうした正式な食器を揃えるのではなく、実用性を兼ねて、離乳食用の食器などを使う家庭も増えてきたようです。

メニューは一汁三菜が基本となり、赤飯や白米・蛤や鯛などのお吸い物・季節の野菜の煮物・酢の物や香の物・鯛や金頭(ホウボウ)などの尾頭付きの焼き魚が一般的です。

この他に、しわができるまで長生きするようにと梅干を、歯が丈夫になるようにと歯固め石も用意します。

歯固め石は、氏神の境内で人に踏まれていないだろう場所の物や、河原や海岸などの水辺の石を持ってくることが多く、正式なものは、赤(茶系)・黒・白の3色を用意するそうです。

儀式の後は、境内から持ってきたものは綺麗にして神社に返します。

このとき、感謝の気持ちを込めてはどうでしょうか。

半紙に丁寧に包んで、へその緒と一緒に保存したり、水瓶に後々まで沈めておくというところもあるようです。

地域によっては、碁石やゆでた蛸の足を使うところもあります。

また、二の膳として紅白の餅を5つ添えるのが本格的なものだそうです。

スポンサーリンク

食べ方や順番は?

長寿にあやかるという意味で、一般的には「養い親」と呼ばれる祖父母や親戚の中の最年長の方にお願いします。

男の子ならおじいちゃん、女の子ならおばあちゃんにお願いしてみてはどうでしょうか。

赤ちゃんをお願いした方の膝に乗せて、その年の恵方に向かって食べる真似を行います。

この時、「ひとつぶなめ」と言って、ご飯粒を一粒なめさせる地域があるそうです。

かつて、お米には神から授けられた特別な呪力があると考えられていたため、赤ちゃんに力を与えるという意味があったようです。

順番としては、「ご飯→吸い物→ご飯→魚→ご飯→吸い物」の順番に、3回行います。

いろいろなお膳がある場合は、

「ご飯→吸い物→ご飯→魚→ご飯→吸い物→ご飯→煮物→ご飯→吸い物→ご飯→酢の物→ご飯→吸い物→ご飯→歯固めの石→ご飯→吸い物」

の順番に行うと良いです。

ご飯を食べたらおかず、またご飯を食べたら吸い物という感じですね。

歯固め石は、直接ではなく小石に触れた箸を口や歯茎に触れさせるのでも構わないようです。

美人過ぎるお笑い芸人の鈴川絢子さんがお食い初めの動画を披露しています。

おわりに

赤ちゃんにとっては初めてづくしのお祝い事ですし、あまり神経質にならず、楽しんで行ってはどうでしょうか。

赤ちゃんによっては、びっくりして泣きだしてしまう子もいるようですから。

一番大事なのは、このお祝い事に込められている願いや祈りをしっかり理解し、祈り願う事だと思います。

スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめサイト

海外旅行のヒント
海外旅行に役立つ情報をお届けします。
転職のススメ
転職に役立つ情報をお届けします。