「心配事増えたな」とか「イライラするな」というのが多くなってくると、チクチク痛くなるお腹。

これ、私もよくなるのですが、「ストレスからだろうし、ほっときゃ治るよね」と思って、鎮痛剤や胃薬飲んで、後はほっといちゃうんですよね。

これ、ストレス性胃腸炎、または神経性胃腸炎と呼ばれる病気の可能性があるのだとか。

あまりにもよくなるので、あんまり病気って感じがしないんですが、その感覚がちょっと問題かも。

スポンサーリンク

罹りやすいタイプ

hukutuu

・ちょっとしたことでも気にしてしまう。
・「頑張りどき」と「休憩どき」の切り替えが不得手。
・完璧を目指してしまう。
・責任感が強い。

上のようなタイプが罹りやすいそうです。

つまりは「真面目で頑固な自分に厳しいタイプ」ですね。

他にも、運動する人よりしない人の方が罹りやすいらしいです。

どんな症状?

基本的に、普通の胃腸炎と症状は同じみたいです。

違うのは、「検査しても原因が見つからない」というところ。

胃が荒れているとか、そういうものは見つかるそうですが、原因となりそうなものが見つからないようです。

症状を細かく上げていくならば、下記のようなものがあります。

・キリキリとした胃痛
・胃のムカつき
・胃もたれ
・胸焼け
・腹部の膨張感
・吐き気(場合によっては嘔吐)
・食欲の低下
・下痢
・便秘
・腹痛

更に、「不安で仕方がない」「眠れない」「抑うつ症状」などが併発する可能性があります。

スポンサーリンク

対策や治療法

胃腸炎そのものの治療は、薬を使うなどで治すことができます。

ですが、原因であるストレスをどうにかしないと、いたちごっこにしかなりません。

かといって、原因を完全に取っ払うなんてできませんよね。

必要なのは、十分な睡眠と休養。そしてストレスを発散すること。

休日に、ゆったりと散歩をしてみるのも良いかもしれません。

寝る前に音楽を聴いてリラックスするというのも良いですよ。

モーツァルトの音楽を聴くと、脳はリラックスするらしいです。

聞いたことある人もない人も、試してみてはどうでしょうか?

規則正しい生活や、胃腸にあまり負担にならない食事なども効果的ですよ。

罹りやすいタイプに当てはまってる人は、その逆になるように意識して生活するのもいいかもしれませんね。

おわりに

ストレス性胃腸炎は、ほうっておくと、どんどん悪化し、最悪癌へと発展する可能性があるのだとか。

そんな怖い症状だったなんて、全然知りませんでした。

「ストレス性胃腸炎かな?」という症状がある人は、早めに診察受けてくださいね!

スポンサーリンク