明日の暮らしをもっと便利にするために役立つ情報をお届けします。

歯を白くする方法をご紹介!重要なのは普段の生活だった!

きらりと光る白い歯。

男性だと格好よく、女性だと綺麗に見えますよね。

そんな歯にあこがれるけれど、実際の自分の歯を鏡で見て落ち込んでみたり。

どうしたらあんな白い歯になるんでしょうか?

歯医者さんに相談すれば解決する気がしますが、できれば家庭でどうにかなる方法があると嬉しいですよね。

スポンサーリンク

歯の黄ばみを防ぐには?

普段の食べ物や飲み物の中に、黄ばみの原因となるものは結構あります。

コーラや紅茶、カレーもそうです。

煙草なんて確実ですよね。

禁煙をおすすめします。

その方が体にもいいですし。

コーラは、ちびちび長時間かけて飲まないようにしてください。

また、コーラに限らず、飲み物を飲む時は、口に溜めずに飲むこと。

ターメリックやタンニン、その他着色料が使われている、いわゆる色が濃い食べ物や飲み物を口にした後は、歯磨きを忘れないでください。

要は、着色しやすい食べ方や飲み方をせず、着色してしまう前に洗ってしまえばいいんです。

歯を白くするテープって何?

アメリカなど、海外で普及してるらしいです。

効果が出るまでが早く、家庭でできて手軽のようですが、安全面など、疑問が出てたりもします。

うっかり使用時間を超えて使用してしまい、翌日まで辛い思いをしたという方も。

試してみたいという方は、海外から通販で取り寄せるか、海外旅行先で買ってみてください。

スポンサーリンク

歯を白くするのに必要なこと

ホワイトニング効果のある歯磨き粉や歯ブラシを使って正しい歯磨きを行う

専用の歯磨き粉や歯ブラシは、それぞれ効果があるので是非とも使ってほしいところ。

ただ、歯磨き粉は効果の強いものは逆効果になることもあるので注意が必要です。

研磨剤や漂白剤があまり多くないものが良いかと思います。

また、食後すぐに磨くのは、歯を傷める可能性があるのでNG。

30分から1時間ほど置いてから磨いてみてください。

乾いた歯ブラシに歯磨き粉をつけ、そのまま優しく丁寧にブラッシング。

最後に少量の水で軽く口をすすげばOKです。

歯に良い食べ物を食べる

チーズや牛乳などの乳製品は、歯の表面のエナメル質をすり減った分元通りにしてくれる効果があるそうです。

また、ブロッコリーはエナメル質を守る栄養素を持っていますし、ニンジンなどに含まれるビタミンAも、エナメル質に関係があるそうです。

リンゴやセロリなど、硬い食べ物は、食べてる最中に汚れを落としてくれる効果もありますよ。

おわりに

重曹やレモン汁で磨くという方法もありますが、NGです。

歯を傷めてしまいますからね。

あと、歯専用のマニキュアもあるらしいので、それを塗るのもいいかと。

歯を白くするには根気が必要。

長期間丁寧に続けていくことが大事。

千里の道も一歩から。

ゆっくり確実にこなしていって、真っ白な歯をゲットですよ!

スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめサイト

海外旅行のヒント
海外旅行に役立つ情報をお届けします。
転職のススメ
転職に役立つ情報をお届けします。