今日の知識が明日を輝かせる

明日の暮らしをもっと便利にするために役立つ情報をお届けします。

知恵

カフェオレとカフェラテの違いはずばりコレ!

投稿日:2014年12月21日 更新日:

飲み物にこだわりがないせいか、違いが判らないものが多く、首を傾げることが多々だったりします。

「カフェオレ」と「カフェラテ」もそのひとつです。

名前が違うから、違うもののはずなんですが、いまいちわからない。

どういうところが違うんでしょうか?

スポンサーリンク

カフェオレとカフェラテ、国が違う?

cafe

どっちも日本語訳では「牛乳入りコーヒー」
または「コーヒー牛乳」という意味になるこのふたつの飲み物。

実は、発祥の国が違います。

カフェオレは、正しくは「カフェ・オ・レ」であり、フランス発祥。

カフェラテは、正しくは「カフェ・ラッテ」であり、イタリア発祥です。

カフェオレは、1685年に著名な医師がすすめたという記述が残っているらしく、少なくともそのころにはあったようです。

なんでも、健康に良いと言われていたとか。

今のようにカップで飲むのではなく、カフェ・オ・レ・ボウルと呼ばれるもので飲むことが多かったそうです。

カフェラテは、イタリアのヴェネツィアにある、最も歴史ある喫茶店である「カフェ・フローリアン」が発祥と言われています。

バーなどで一般的なのは、エスプレッソに牛乳をたらした「カフェ・マッキャート」で、カフェラテは家庭で作る方が多いそうです。

いわばお母さんの味のようなものかもしれません。

スポンサーリンク

カフェオレとカフェラテの違い

カフェオレは、酸味が強く苦みが少ないといわれる浅入りの豆を使用したドリップコーヒーに、
コーヒーと同量の温めた牛乳を入れたもの。

カフェラテは、酸味が少なく苦みが強いとされる深入りの豆を使用したエスプレッソ2割に、
スチームミルクと呼ばれる、蒸気で温めた牛乳を8割の割合で入れたもの。

つまり、大雑把に言うなら、元のコーヒーと牛乳の量が違います。

おわりに

カフェオレは、基本の割合は5:5ですが、好みに合わせて割合を変えていいらしいので、結構自由みたい。

カフェラテも、イタリアでコーヒーと言えばエスプレッソだからこの形になっただけで、「コーヒーと牛乳がはいっていればいいさ!」なんて大雑把なところもあるらしいです。

要は、自分の好みで好きに楽しめるなら、名前は関係ないってことなのではないでしょうか。

スポンサーリンク

-知恵
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

しめ縄の処分はどうすればいいの?意外と知られていない方法

お正月に飾られているしめ縄やしめ飾り、飾る期間だったり、外した後の処分方法だったり、よくわからないんですよね。 かといって、ないのもなんか変というか、気持ちが落ち着かないというか。 できれば、それらを …

電動歯ブラシに歯磨き粉は必要なのか?正しく選びましょう!

電動歯ブラシと一口で言っても、色んな種類があるんですね。 正直よくわからないですが、皆さんが想像しやすいのは、振動タイプの物じゃないでしょうか。 振動タイプは次の2種類に分けられます。 ブラシが回転し …

成人式で髪型の編み込みはどうやるの?動画でご紹介!

一生に一度の成人式、衣装やメイクももちろんですが、髪型も気になりますよね。 私は、おしゃれに疎いので、お化粧から髪型まで、すべて美容師さんにお任せしてしまいましたが、編みこみなど、自分でいろいろとやっ …

乾電池の液漏れはきちんと対処しよう!原因は何なのか?

子供のゲーム機、カメラ等、様々な用途で使用される乾電池ですが、 乾電池が液漏れしたり白いかたまりのようなものが付着していたり、 といった経験は有りませんか? あの付着している液やかたまりって何なのでし …

七草粥の意味とは?おすすめの調理法も紹介!

七草粥って、いまいちどういったものかよくわかりませんよね。 時期になると、七草粥セットなんて売ってますけど、なんでそれらを食べなきゃいけないのかとか、ちんぷんかんぷんです。 そのうえ、結構クセの強いも …