明日の暮らしをもっと便利にするために役立つ情報をお届けします。

こたつをしまう時期はいつ?きちんと洗って収納しましょう!

こたつ

皆さんは寒い季節になると、コタツを使用しますか?

我が家は、私が寒がりで末端冷え性なので必ず使用します。

コタツには、敷き布団と掛け布団と布団がついておりますがコタツを出す時期やしまう時期、いつ頃がベストなのでしょう。

また、コタツを使用していない期間の収納はどのような収納方法を実践していますか?

些細な疑問ですが、聞かれると決まった答えが無く難しい問題ですよね。

お役に立てるかは解りませんが、ちょっと調べてみました。

スポンサーリンク

コタツは、いつ頃出しますか?

我が家では、コタツは必須アイテムですから(特に私にとって)毎年、必ず出します。

出す時期、特に決まりは無いですよね・・・

その年その年で気温が変わる時期は微妙に違いますから、基本的には自分が寒くなってきたなと、足元が冷えやすくなってきたなと感じた頃に出すようにしています。

調べた結果、10月~11月頃に出す方が統計的に多いようですね。

昔から暑さ寒さも彼岸まで、という言葉が有りますが9月のお彼岸が終わってから徐々に気温が下がり、涼しくなってきますよね。

涼しいと言っても寒いと感じるほどではないですが、やはり薄手の上着が必要になってきます。

目安としては、10月の体育の日を過ぎた頃から、コタツを出す方が多いように思います。

いつ頃、片付けますか?

コタツをしまう時期、皆さんは決まっていますか?

出す時期と同様で、その年その年で気温が上がる時期が微妙に変わってくるので、しまう時期もきちんと決められた日にしまうと言う方は少ないような気がします。

勿論、我が家でもしまう時期は特に決まっている訳ではなく暖かくなってきたなと感じた時が、しまう時ですね。

とは言っても、しまう時って洗って乾かして等、出す時よりも手間が掛り、なかなか腰が上がらないものですよね。

こちらも調べた結果、やはり4月の中旬~5月の連休頃までにしまっている方が多いように思います。

4月に入って、日中は暖かくなってきても朝や夕方頃からちょっと肌寒いと感じる事が有るので、妥当な結果なのではないでしょうか。

スポンサーリンク

手洗い派?クリーニング派?コインランドリー派?

コタツ布団に限らない事ですが、使用しなくなった布団類はしまう前に、どうしてらっしゃいますか。

クリーニング、コインランドリー、自宅で手洗い等々、色々な選択肢が有る中で、皆さんはどのような方法で布団を洗っていますか。

我が家は、以前まではクリーニングに出していました。

自宅で洗うには、かなり重労働ですし洗い残し等が有り、果たして綺麗になっているのか?不安も有ってクリーンングに出していました。

クリーニングなら、汚れは勿論ですがダニなどの抗菌も十分にされていると思いますので、安心して任せられます。

ただ、難を言えば価格がちょっとお高いかなと思いますね。

コタツ布団の大きさや質にもよりますが、3千円~5千円というお値段設定をされているクリーニング店がほとんどですよね。

そんな中、最近はコインランドリーでもコタツ布団は勿論ですが寝具用の布団や毛布等も洗えるようになって、とても便利です。

主婦の方々の支持も圧倒的に多かったですね。

何と言っても、丸洗いが出来て乾燥まで出来る事と価格が安いと言った点で支持が高いようです。

数年前から、我が家でもコインランドリーのお世話になっております。

勿論、布団の材質などによっては使用できない物も有ります。

なので、使用する際にはコインランドリーで洗える物かどうか確認した上で利用するようにした方が良いですね。

支持率ダントツ!圧縮袋で収納

我が家で布団を収納する際に活躍するのが、布団圧縮袋ですね。

布団圧縮袋は、調べた結果でも圧倒的に使用している方が多かったです。

ただ、圧縮袋にも1~2回使用したら使えなくなったとか入れる物によっては空気が入り、知らない間に膨張していたとか様々な意見が出ています。

圧縮袋を購入する際には、品質や機能性などをよく調べた上で購入するのが良いかと思われます。

こちらはレビューも良いのでおすすめです。
こたつ布団も家族分まとめて圧縮!オートバルブ式布団圧縮袋

また半年以上、保管しているとダメージを受ける事が有ります。

圧縮袋に圧縮したままの状態が続きますと、湿気が出てカビやダニ発生の要因になります。

そのため、こちらのような専用ケースを用意するのもおすすめです。
布団・こたつ布団収納袋 チェック花柄

長期間、保管する場合は定期的に圧縮袋から出して天日干しをしたり布団乾燥機などで布団を乾燥し、圧縮されていた時に出た湿気を取り除き、掃除機などでホコリやダニなどを吸い取ってから再度、圧縮袋に入れ収納するようにしましょう。

スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめサイト

海外旅行のヒント
海外旅行に役立つ情報をお届けします。
転職のススメ
転職に役立つ情報をお届けします。