動物は、人間のように言葉を話したり顔の表情が露骨に変化したりする訳では
有りませんよね。

それ故に、何を考えているのかなど解りにくいものです。

動物の中でも、我が儘で中々懐かないと言われる猫も、よく観察してみると
飼い主に対して愛情表現をしています。

この愛情表現の行動パターンをボディランゲージと言います。

このボディランゲージを理解する事によって、その猫が貴方の事を
どう思っているのかが解るようになるそうです。

飼っている猫が何を考え、何を訴えているのかを知る事が出来たら
今まで以上に、飼い猫との距離が縮まり
より一層、可愛く思えるのではないでしょうか。

例えば、猫が見知らぬ人や他の猫に遭遇した場合、瞬きをせずに
じっと相手を見つめます。

逆に、その猫が貴方を見て、じっと凝視せずにゆっくりと瞬きを
したとします。

貴方を見てゆっくりと瞬きをするのは、満足と愛情の現れだと言います。

このように、猫の仕草1つでその猫が今、何を考えて貴方の事を
どう思っているのかが解ると、猫との距離がグッと近づきますよね。

では、猫が仰向けになって寝転び、手招きをする仕草をしたら
どう思っているのか解りますか。

用心深いと言われる猫が、仰向けに寝るのは何故でしょう。

スポンサーリンク

猫が仰向けで、おいでおいでと手招きしていたら

neko

猫がゴロンと仰向けに寝転んで、前足で手招きしているような
仕草をした時の猫の気持ちは、二つの理由が有るそうです。

1つは、遊びへのお誘いなのだそうです。

2匹の猫がリラックスした状態で、こうした仕草を見せている場合
手招きをしている方の猫が、獲物役をやるから、仕留めるつもりで
かかってきなよ、という感じで遊びに誘っていると考えられるそうです。

誘われたもう1匹の猫が、誘いに乗ればレスリングとも言えるような
じゃれ合いの始まりです。

この光景は、数匹の猫を飼っている方はよく見られるのでは
ないでしょうか。

また、人間に対して遊び目的での手招きをしたら、それは
かまって欲しい、遊んで欲しいというオネダリのようです。

遊んで欲しいとオネダリする仕草は、猫ファンの方には
たまらない行動ですよね。

スポンサーリンク

2つめの理由は、先ほどの誘いとは逆の意味で威嚇を意味していると
考えられています。

猫が強い恐怖や危機感に駆られて、この姿勢をとった時は近づくと危ないぞ、
という感じで相手を牽制する意味になるのだそうです。

この威嚇に気付かずに近づいてしまうと、必殺技とも言える
猫キックをされてしまうようです。

この猫キックとは、前足で相手を抱え込み後ろ足で素早く蹴るという
猫ならではの技?ですね。

猫の寝転びが、遊び目的なのか威嚇なのかを判断する際の基準は
耳と瞳孔で判断が出来るそうです。

猫の耳が横に寝て悪魔の角のような形になっている時や瞳孔が
細くなっている時は攻撃する前兆で、威嚇をしているそうです。

猫が大の字で無防備に寝ていたら

猫が貴方の前で仰向けに寝転ぶ、又は、お腹を見せて寝る場合
それは、その猫が貴方を信頼し、好意的な感情を持っている証拠です。

猫にとってお腹を相手に見せるというのは、弱点でも有るお腹を
晒しているという意味と同じ事です。

つまり、弱点であるお腹を無防備に晒している訳ですから、貴方に対して
警戒をしていない、信頼している、という意味になります。

無防備でスヤスヤ寝ている、人間の乳幼児と一緒ですね。

何の不信感も抱かず、寝ている姿は人間も動物も
同じという事なのでしょうか。

スポンサーリンク