花粉症の症状は多岐に渡りますが、花粉症によって胃腸症状が出てきてしまっていることに気づかず、単純にお腹の調子が悪いのだと考えてしまっている方がいます。

そこで、花粉症によって胃腸症状が出てくる際の原因や対処、薬等について説明します。

スポンサーリンク

花粉症で胃が痛くなったりムカムカしたりする症状が出る?

花粉症は一般的にくしゃみや鼻水、目のかゆみ等の症状があるイメージを持っている方が多いですが、他にもお腹の調子を悪くして、下痢や腹痛、吐き気、便秘になってしまう人もいます。

花粉が原因だとわからずに悩まされている方が意外に多いのです。

解剖学的には、口や鼻は肛門まで一つの管でつながっています。

そして、口や鼻は、言わば玄関口で花粉の影響を一番受けやすい部分でもあります。

しかし、口や鼻から入った花粉が唾液とともに胃や腸へ運ばれると花粉症の症状が出ます。

そのような症状の原因

花粉症は体内に入ってきた花粉を体が異物だと判断して、過剰な防衛反応を起こしてしまうことから、あらゆる症状が出てきてしまうと考えられています。

花粉が口や鼻から侵入し、唾液で胃に運ばれ、胃は胃酸過多によって粘膜がただれて吐き気を、腸は下痢という形で外部に排除しようとする防衛反応が現れます。

また、花粉症による寝不足からくるストレスによって胃痛や便秘につながることもあります。

花粉症の薬が原因の場合もあり、抗アレルギー薬を服用したときの副作用として胃の粘膜が傷つけられ胃痛を起こしてしまうこともあります。

花粉の飛散する季節に、鼻水や鼻づまり、目のかゆみだけでなく、胃痛がするなどずっと胃腸の調子がおかしいという方は、一度花粉症の可能性を疑った方が良いと思います。

スポンサーリンク

そのような症状が出た時の対処は

花粉症の場合、一番きつい部分の科を受診することになります。

耳鼻咽喉科の受診が一番多く、その結果待ち時間も長くなってしまいます。

さまざまなアレルギー疾患に対応してくれるのは内科になります。

通院できるところに耳鼻咽喉科が無い場合は、内科やアレルギー科を受信するのが良いと思います。

普段から気をつけること

花粉症の場合、同じような生活や食生活をしていても、症状の出る方もいれば出てない方もいます。

花粉症は体のアンバランスが一部の器官に現れた結果ですので、体のバランスの崩れたところを「漢方」によって改善する方法をおすすめします。

漢方は自分に合ったものを見つけることができれば、長い間続けることが大切です。

花粉症の治療によく使われる漢方薬は次のものです。

1.葛根湯加川芎辛夷的(カッコントウカセンキュウシンイ)

軽く汗をかくくらいに体を温めてくれて、鼻づまり、蓄膿症、慢性鼻炎を改善してくれます。

2.小青竜湯(ショウセイリュウトウ)

体をあたためてくれ、鼻の症状を改善してくれます。

3.荊芥連翹湯(ケイガイレンギョトウ)

熱や炎症を抑えてくれ、血行を良くして花粉症の症状を改善してくれます。

スポンサーリンク