明日の暮らしをもっと便利にするために役立つ情報をお届けします。

母の日のプレゼントにムーンダスト!どこで手に入れるの?

今年の母の日は5月8日(日)です。

日頃の母の苦労に対して感謝を表す日です。

日本やアメリカでは、5月の第2日曜日に祝いますが、世界各国、様々な日にお祝いをしています。

母の日にはプレゼントを贈って感謝の気持ちを表しますが、最近ではメッセージギフトやマッサージ器、装飾品等が人気のようです。

しかし、定番プレゼントはカーネーションです。

今回は、白や赤ではなく、青紫色のカーネーション「ムーンダスト」について説明します。

スポンサーリンク

母の日にカーネーションを贈るのはなぜ?

母の日にカーネーションを贈るきっかけになったのは、アメリカ人少女アンナ・ジャービスです。

亡き母のために白いカーネーションを配ったことから、母の日にカーネーションを贈る習慣ができました(1900年初頭)。

この当時は、母親が健在な人は赤いカーネーション、母親が故人である人は白いカーネーションを胸に飾っていました。

日本に母の日が伝わった当時(1930年代)は、白と赤を区別して贈っていました。

しかし、母がいる子といない子を区別することへの配慮もあり、今では赤いカーネーションを贈ることが一般化しています。

母の日のフラワーアレンジメントは、カーネーション+パラやガーベラ等、同系色でそろえた華やかなものが人気のようです。

ムーンダストとは?

ムーンダストは、日本のサントリーフラワーズとオーストラリアの企業が共同開発により、遺伝子組換え技術により誕生した、世界で初めての青紫色のカーネーションです。

本来、カーネーションには青色色素が存在していませんが、他の品種から青色色素の遺伝子を採取し、カーネーションの遺伝子に組み込むことに成功して生まれました。

世界で始めてバイオテクノロジーを用いた開発に成功した、大変、貴重なカーネーションです。

1997年からムーンダストとして販売されていますが、当初は有名生花店や結婚式、特別なイベントで使われ、一般には目にすることはほとんどありませんでした。

2005年には全国に初めて販売され、現在では比較的入手しやすくなっていますが、一般的な生花店ではあまり扱われていません。

2004年には、青いバラと共にグッドデザイン賞金賞を受賞しています。

スポンサーリンク

母の日に、なぜムーンダストが喜ばれるのか

世界で初めての青紫色のカーネーション・ムーンダストの花言葉は、「永遠の幸福」です。

ムーンダストという名前には、「月のようにやわらかな包容力のある花に」との思いが込められています。

月の光のように華麗な花びらが永遠の幸福をもたらすようにと、大切なお母さんのお祝いに送る方が増えています。

誰よりも大切な存在であるお母さんに、幸せの花を贈りたい、そして、月の光のような上品なブルーの特別なカーネーションは、慈しみに満ちたお母さんにぴったりだと思います。

ムーンダストは花持ちが良いのが特徴です。

水を好み、3~4週間はきれいに咲いています。

置く場所は、多少気温の低い、外の半日陰が良いです。

ムーンダストはどこで手に入るか

ムーンダストは、販売元であるサントリーフラワーズが管理している契約農場で栽培して、切り花だけが販売されています。

今のところ、ガーデニング向けの苗や花鉢は販売されていません。

価格は、アレンジメントで3,000円~販売されていますが、人気の商品で出荷数が少なく、単価はまだ高いのが現状です。

全国のムーンダスト取扱店は、以下のアドレスになります。
http://www.moondust.co.jp/shop/

とても人気のお花ですので品切れの場合があります。

購入する場合は、必ず確認して下さい。

また、インターネットを利用すれば、通信販売で手に入れることもできます。おすすめは楽天ランキング上位のこちらです。

送料が無料なのも嬉しいですね。

ムーンダストはサントリーだからできた

サントリーは、アルコール類や清涼飲料水の製造・販売を行う会社ですが、ムーンダストなどの園芸品種の開発や美術館経営等、夢のある別業務にも乗り出しています。

利益とは縁の遠い文化事業等は株主が最も嫌うところです。

しかし、サントリーは株式を上場しておらず、株主に口出しされずに、経営者の自由な意思で経営をすることができます。

ムーンダストはサントリーという会社が関わったからこそ、この世に誕生した花だと思います。

ムーンダストは先日終了した「第92回全日本水泳選手権競技大会」の会場装飾と、メダリストの選手に贈られるビクトリーブーケに使われていました。

スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめサイト

海外旅行のヒント
海外旅行に役立つ情報をお届けします。
転職のススメ
転職に役立つ情報をお届けします。