明日の暮らしをもっと便利にするために役立つ情報をお届けします。

山ガールの髪型のアイディア!帽子は被る?ロングの人はどうればいい?

ウェアばっちり。リュック買った。靴も履いてる。さぁ、髪型。

髪型って一番最後に考える部分ですよね。

ショートカットなら、そのままでもいいですし、どんな帽子もかぶることが出来るので悩まない。

しかし、ミディアム・ロングヘアーはどうしましょう。

登山中に長い髪の毛はきっと邪魔になってしまいますよね。汗で顔にまとわりつくのも嫌ですよ。

でも「髪は女の命」できれば切りたくない(汗)

分かります・・・。

悩んでる皆さんに解決方法を教えちゃいます。

「山ガール」の皆さんのため、髪型と帽子について調べました。

スポンサーリンク

おすすめの髪型と帽子

ポニーテール

髪を後頭部の高い位置で一つにまとめ、たらした髪型。

ポニーテールを少しアレンジして、ゆるフワなどルーズな感じにするのも流行っていますが、登山中に何度か結びなおすことを考えると、しっかり結んだポニーテールがいいと思います。

そして、ポニーテール時にオススメの帽子はニット帽。

正直、これ以外選択肢がありませんでした。結び目で後頭部が膨れ上がるので、通常のキャップや帽子だと浮いてしまいます。

その点ニット帽はきっちりと収まるので、オススメ。ボコッとは出ちゃいますけどね(笑)

アウトドアブランド、モンベルのニット帽。

上にボンボンがついているので、ポニーテールのふくらみが軽減されると思います。

ロゴ部分のワンポイントもかわいいのでオススメ。

編みこみ(アップスタイル)

基本はおさげの作り方と同じ。サイドの髪の毛を編みこんでいくことにより、ボリュームをしぼれます。

その編みこんだおさげを首元にぐるっともっていき、上の編みこんでいない部分をうまく囲み、ピンなどで留めて出来上がり。

浴衣などを着る際にアレンジする髪型と似ています。

こちらは、編みこみ部分が首元に見えるので、キャップもオススメ。

日本発高品質、高機能フェニックスのキャップです。

耳まで隠れ、保湿性に優れています。耳あてを折り返して使える2wayタイプ。

どちらで使っても、大丈夫ですね!

おだんご

おだんごヘア。もうスッキリしたいときの基本ですね。

髪の毛を束ね頭のてっぺんに持っていき、くるくるっとお団子をつくり、ピンなどで強く固定。

もう少しアレンジしたい方は、1本細い編みこみを入れるととてもかわいいです。

この髪型の場合、帽子をかぶるのがとても大変です。

なので、ヘアバンドをオススメしたいと思います。

ヘアバンドといっても、こちらは見て分かる通り特大サイズ。

おだんごヘアを出すために選んだヘアバンドですが、あくまでも山ガール。登山という目的を忘れてはいけませんよね。

耳からすっぽり覆うことが出来るので、安全面も、また保温性にも優れています。

首もとへ落とし、ネックウォーマーとして使うことも可能ですね。

スポンサーリンク

おわりに

髪型とその髪型にあった帽子を選んできましたが、いかがでしたか?

一つでも参考にしていただければ、大変嬉しいです。

山に登るということを重点的に考えれば、やはり髪の毛はなるべくまとめたほうがいいですね。

そして、帽子で頭を守る!みなさん、お気をつけください!

 

余談です。

若い頃、ブリーチをしすぎて100%髪の毛が細くなっている気がする著者です。

なぜか「シャギー」という言葉が好きで、美容院へいくたび「シャギー、シャギー」と言っていた遠い日の記憶。

「アシンメトリー」な時期もありましたね(笑)

いまはもうあれですよ。アレンジしなくていい髪型にしてください!起きてそのままでいれる髪型(笑)

髪があるうちに、ヘアアレンジ楽しむべきですよね~ちょっと考えます。

スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめサイト

海外旅行のヒント
海外旅行に役立つ情報をお届けします。
転職のススメ
転職に役立つ情報をお届けします。