明日の暮らしをもっと便利にするために役立つ情報をお届けします。

油断禁物!寒い冬に多い「鼻風邪」への対処方法とは!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

年末年始休暇中の方が多いと思いますが、正月休みから社会復帰できるか心配です。

この時期、「明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。」と何回言わないとならんのかよく分かりませんね。

この季節は、1年を通して一番風邪を引く季節と言われています。

中でも、「鼻風邪」は冬から春に多い病気なので、特に注意が必要です。

もう既にかかっている人も多いのではないでしょうか?

このように、年齢に関係なくさまざまな人に起こる「鼻風邪」は別の病気を引き起こす原因にもなると言われている厄介な病気です。

今回は、この厄介な病気である「鼻風邪」の対処方法についてご紹介していきます。

知っておいて損はないので、ぜひご覧ください。

鼻風邪の主な症状は?

「鼻」風邪と呼ばれるだけあって、その症状はくしゃみや鼻づまり、鼻水などが挙げられます。

初期症状は、透明でサラサラとした鼻水、軽度の鼻づまり、連続性の無いくしゃみですが、症状が進行すると黄色に近い色でねっとりとした鼻水、重度の鼻づまり、連続性が有るくしゃみへと変化を起こします。

また、細菌感染を起こすと膿が溜まったり、中耳炎を起こしたり・・と他の病気が併発してしまうことも少なくないので注意が必要と言えますね。

ちなみに、これらの症状に加えて発熱や倦怠感、節々の痛み、喉の痛み、頭痛などの一般的な風邪の症状も伴います。

ですので、症状が出てしまったのであれば、なるべく症状が軽いうちに治療をするのが良いでしょう。

スポンサーリンク

気になる対処方法は?

鼻風邪は、鼻水や鼻づまりなどの症状、そして一般的な風邪の症状にそれぞれアプローチをかけて対処することが一番良い方法と言われています。

それぞれの対策について詳しく見ていきましょう。

鼻水や鼻づまりへの対策について

鼻トラブルは基本的に、点鼻薬や内服薬、抗ヒスタミン剤などの服用が一番効果的です。

点鼻薬や内服薬の服用で、血管を収縮させて鼻づまりを解消し、抗ヒスタミンで鼻水を抑制するのが良いでしょう!

風邪への対策について

こちらは一般的な風邪の症状に対する対策ですので、「安静」、「食生活などの栄養バランス」、「冷えの解消」などを行うと良いでしょう!

また、風邪はうつされないように予防することが一番の対策です。帰宅後のうがい、手洗いは忘れないようにしましょう。それから人混みの多いところに外出する場合はマスクをつけましょう。

スポンサーリンク

最後に

鼻風邪は多くの場合、健康に過ごすだけで治療を行うことが出来ます。

しかし、前述で触れたように中耳炎になるケースが多いのも事実ですので、日頃から「溜まった鼻水を優しく噛む習慣」をつけておきましょう。

この習慣が身につくと、中耳炎が併発するリスクを大きく減らすことができるのでオススメです!

もちろん、他の病気が起こる前に鼻風邪を治すことが一番なので、初期症状が現れたら病院へ行き検査を受けて、出された薬を飲んで早めに治すようにしましょうね!

スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめサイト

海外旅行のヒント
海外旅行に役立つ情報をお届けします。
転職のススメ
転職に役立つ情報をお届けします。