明日の暮らしをもっと便利にするために役立つ情報をお届けします。

偏頭痛持ちの方必見!眩暈から頭痛を防ぐコツとは!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ふとした瞬間に、ふらっとして眩暈を感じ、その後に頭が痛くなるという経験をしたことがある方はいるでしょうか?

おそらく、この症状を感じたことがある方は少なくないと思います。

そして、その方の多くは偏頭痛持ちではないでしょうか?

昔から、頭痛と眩暈に深い関係があると言われています。

特に偏頭痛の場合は、前兆として眩暈などの症状が起こるケースも多いようです。

そこで、今回はこの「前兆」となる症状から、後の偏頭痛を防ぐためのコツについて話をしていきたいと思います。

偏頭痛は前もって防ぐことが出来ると、その後の作業を円滑に行うことが出来るので、ぜひ参考にしてみてください!

スポンサーリンク

偏頭痛について

偏頭痛持ちの方であればご存知だと思いますが、偏頭痛は頭のどちらか片方が脈を打つタイミングで痛む症状が特徴の頭痛です。

場合によっては、両方が痛むこともありますが、症状が起こると長時間痛みが続き、一度ではなくそれが一週間に一度のようなペースで起こります。

また、年齢に関係なく起こる頭痛としても有名ですが、若ければ若いほど症状の収まりも早いと言われているようです。

そして原因には「遺伝」も大きく関わっているので、まだ症状が出ていない方も親が偏頭痛持ちであれば注意をする必要があると言えそうです。

スポンサーリンク

前兆から偏頭痛を防ぐには?

偏頭痛には、独特の前兆が見られるので、その前兆を理解することで防ぐことが出来る確率がぐっと上がります。

詳しくみていきましょう。

ステップ1

偏頭痛は、いきなり痛みがグッと現れるようなものではありません。

30分~1時間前に偏頭痛が起こる「前兆」と言われる症状が必ずと言っていいほど出ます。

ですので、その症状が起こっていないかどうかチェックしましょう。

ステップ2

偏頭痛の前兆となる症状は以下の通りです。

  • 閃輝暗点(視野がキラキラとした光に包まれ、その範囲が広がり消える症状)
  • 眩暈
  • 欠伸(頻繁に)
  • 肩や首の痙攣

このような症状が現れ始めたら、その30分から1時間後に偏頭痛が起こる可能性が高いとみて良いでしょう。

ステップ3

前兆を感じたら、薬局で売られているロキソニンなどを飲み、これから起こる偏頭痛を回避しましょう。

 

たったこれだけです!

中には、服用する事で眠気を誘う薬もあります。

ですので、大事な会議前や車の運転前などは服用を辞めて時間をずらしてから飲むようにすると良いでしょう。

偏頭痛は、人それぞれに独自の引き金があるので、自分だけの原因を知ることも対策に繋がります。

ぜひ、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめサイト

海外旅行のヒント
海外旅行に役立つ情報をお届けします。
転職のススメ
転職に役立つ情報をお届けします。