環境によって引き起こされる頭痛を回避するための秘訣とは!

ストレスや体調などさまざまな原因で起こる頭痛ですが、その中には環境によって起こる頭痛もあります。

翌日の天気予報が「雨」だと頭痛が起こるという方も少なくないのではないでしょうか?

この季節は、雨が降りやすい夏に比べると頭痛の頻度も落ちますが、低気圧による雨は1年中起こります。

そこで今回は、低気圧のような環境によって引き起こされる頭痛への対処方法について詳しくお話しをしていきたいと思います。

環境の変化によって引き起こされる病気とは?

前述でも記載したように、環境が変化することで頭痛を起こす人はたくさんいます。

例えば、気圧の変化であったり、気温の変化であったり、湿度なども関係しているようです。

中には、頭痛だけではなく眩暈や倦怠感、肩こりやぜんそく、鬱、そして痺れとさまざまな症状が起こる危険性があるので注意が必要と言われています。

環境が変化を起こしても、何も影響がない人は「気にしなければ大丈夫!思い込みだよ!」と感じてしまう方もしれませんが、これらは気象病と呼ばれる病気ということも分かっているので、無責任な発言は控えておいたほうが良さそうですね!

気象病への対策方法は?

それでは、気になる気象病への対策方法をみていきましょう。

気象病は、自律神経と深い関わりを持っているので、基本的には自律神経に嬉しい行動を起こすことが対策と言われています。

幾つかオススメの対策があるので順番にご覧ください。

体を温める

体を温めることは自律神経の働きを高めることにも繋がります。

例えば、定期的な有酸素運動です。

もちろん、有酸素運動と言っても数時間のランニングや水泳というわけではなく、家の中でヨガを行ったり、家の周辺を軽くウォーキングしたり、会社からの帰り道を少し長くする程度で大丈夫です。

時間が取れないという方は、運動ではなく浴槽にお湯を溜めて入浴することもオススメなので試してみてください!

睡眠の質をあげる

自律神経のリズムは、睡眠の質によっても良くなります。

寝る前のパソコンやテレビ、スマートフォンなどは出来るだけ辞めて、深い睡眠をするよう心がけ、睡眠時間も出来るだけ削らないようにすると良いですね!

また、睡眠はストレスの解消にもなるので日常生活でストレスが溜まり、それを発散する時間が無い人は、睡眠をしっかり摂るようにすると良いでしょう。

環境に気を付ける

夏はクーラーに、冬は暖房に気を付けましょう。

エアコンの使い過ぎは、私たちの体温調節機能を狂わせる原因にもなります。

体が冷えると自律神経のリズムも崩れるので注意が必要ですよ!

以上のことに気を付ければ、ある程度の気象病を緩和することが可能です!

定期的に起こる嫌な頭痛を改善したい人は是非、試してみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です